どちらが勝っても初優勝のU-20W杯ファイナル【イングランドは優勝でもボーナス無し?】

・注目のU-20ワールドカップ決勝戦
現在韓国で開催されている20歳以下のワールドカップ、「U-20ワールドカップ」。大会はクライマックスとなっており、残すはイングランドとベネズエラによる決勝戦のみとなった。この試合、イングランドは仮に勝利して優勝をしたとしても、選手たちには一切「優勝ボーナス」は支払われないんだとか。イギリス紙「デイリー・メール」が、イングランド選手たちは1ポンドも受け取る予定がないということを伝えているのだ。

韓国、日本、イタリア、ウルグアイ等24チームが参加した大会だが、ベスト16で日本とも対戦したベネズエラが躍進を遂げている。準々決勝ではアメリカを、準決勝では南米のライバルウルグアイを退けて、既に、同国史上初となるFIFAの国際大会における決勝進出という偉業を成し遂げている。

対戦相手となるイングランドも、U-20ワールドカップでの決勝進出は、ワールドユース時代にさかのぼってもこれまでに無い。仮にベネズエラを下せば、1966年のワールドカップ以来51年ぶりの世界大会でのタイトル獲得ということになる。クラブチームからの選手の拘束権が無いU-20ワールドカップは、ヨーロッパにおいてさほど重要視されるコンペティションではないものの、ファイナルまで進んだチームに今ようやく国民の関心が集まっている。

・イングランド選手は一切ボーナスを受け取らない?
しかし、前述の通り、選手たちは優勝ボーナスを受け取る予定が無いため、この決勝戦は純粋にサッカーの母国としての名誉をかけた試合にすぎないのだ。
もともと国際サッカー連盟の規定上、A代表の国際大会でない場合、優勝チームや出場チームに賞金が支払われることはないのだが、イングランドの場合、この年代の代表チームは出場給やその他結果に応じたボーナスといった類のものは協会から一切支払われないというのだから驚きだ。

つまり、若い世代の選手たちには「マネー」がなかろうと無条件に闘志をみなぎらせてほしいということだろう。無論、国として歴史的快挙を成し遂げるために、イングランド代表は並々ならぬモチベーションを持ってしてベネズエラとの決勝戦に挑んでくるはずだ。

昨年のU-19EUROでは苦汁を飲んでいるため、「今回こそは」という気持ちも一入だろう。今大会4ゴールを決めているチームのエースドミニク・ソランケも、「去年の苦い経験はもう繰り返したくない。あの気持ちがあるからこそ、今回は絶対に勝ちたいという思いが強い」と闘志をみなぎらせた。

注目の決勝戦イングランド×ベネズエラは現地時間11日に行われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です