メキシコがオセアニア王者に大苦戦するも最後はペラルタ弾で逆転勝利

・メキシコはニュージーランド相手に苦戦
21日、ロシアで開催されているコンフェデレーションズカップのグループリーグ第二戦が行われ、北中米カリブ海王者のメキシコとオセアニア王者のニュージーランドが激突した。

ポルトガルとの初戦で貴重な勝ち点1を獲得したメキシコと、開催国ロシア相手に0-2と完敗したニュージーランドの一戦は、戦前の予想とは違いアウトサイダーのニュージーランドが良い形で試合に入る。

ゲームの立ち上がりこそメキシコにポゼッションを許していたニュージーランドだったが、相手のミスもあって次第に主導権を握りだす。27分にはエースのクリス・ウッドがペナルティエリア手前から右足シュートを放つも、相手ゴールキーパーのタラベラの好セーブに阻まれる。

しかし41分、ニュージーランドはペナルティエリア手前からクレイトン・ルイスが相手のクリアボールに素早く反応し、そのままワンタッチでペナルティエリア内へラストパス、これをフリーになっていたクリス・ウッドが右足で冷静に決めて待望の先制ゴールを奪取した。

ビハインドで折り返したメキシコは、後半立ち上がりから一気に攻勢に出る。ペナルティエリア内でゴールに背中を向けながらパスを受けたラウール・ヒメネスが、素早く反転して強烈なシュートを放つ。ディフェンス陣の意表をつくシュートは、ゴール左上隅に見事に決まり同点に追いつく。

メキシコの勢いは止まらず、71分にオリベ・ペラルタがアキーノの左サイドからのマイナスの折り返しを冷静に決めて2-1と逆転。ニュージーランドはとうとうゲームをひっくり返されてしまった。

このままだとグループリーグ敗退が決定してしまうニュージーランドは、終盤なんとか同点にしようと猛攻を仕掛けるが、クリス・ウッドが決定機を決められずスコアを動かせない。85分にはライアン・トーマスのシュートがポストに嫌われるなど、1点が遠く試合はそのままタイムアップ。

結果、2-1でメキシコがニュージーランドを退け、勝ち点を4に伸ばした。一方で連敗となったニュージーランドはグループリーグ敗退が決定。ニュージーランドは第一戦の敗戦から上手く切り替えて、良い立ち上がりを見せ難敵メキシコを苦しめたが、アップセットとはいかなかった。エースストライカーのクリス・ウッドが、幾度となく訪れたチャンスをものにできなかったことが最大の敗因だろう。

次節メキシコはポルトガルに敗れた開催国ロシアと、ニュージーランドはポルトガルとそれぞれ対戦する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です