ロナウドが値千金の決勝ゴール!ポルトガルが開催国ロシアを一蹴

・開始早々のロナウドのゴールで幕開け
コンフェデレーションズカップグループA第二節、開催国のロシアとヨーロッパ王者のポルトガルが激突した。北中米カリブ海王者のメキシコとの初戦を2-2で終え、貴重な勝ち点1を奪取したポルトガルと、開幕戦でニュージーランドに2-0と快勝を収めたロシアの一戦は、あの男のゴールで口火を切った。

試合開始わずか7分、ポルトガルは左サイドのゲレイロがペナルティエリア内へクロスを送ると、これにクリスチアーノ・ロナウドがヘディングで合わせて先制ゴールを奪う。

絶好の立ち上がりを見せたポルトガル、25分にはクリスチアーノ・ロナウドが自ら得たフリーキックを直接狙うも、これは相手ゴールキーパーのアキンフェエフの正面に飛ぶ。守りの時間が続いたロシアも、40分ようやくチャンスを演出。エースストライカーのフョードル・スモロフが右からのクロスを左足で合わせるも、シュートは枠を外れた。

ポルトガルの一点リードで迎えた後半50分、ベルナルド・シルヴァのクロスにアンドレ・シルヴァがヘディングで合わせるもこれはアキンフェエフの好セーブに阻まれる。57分には前節ゴールを挙げたセドリックがペナルティエリア手前から強烈な無回転シュートを放つも、やはりアキンフェエフにセーブされる。

押せ押せのポルトガルは63分、65分にも立て続けにチャンスを作るが、いずれも枠を射止めることができず、なかなか追加点を奪うことができない状態に少しずつフラストレーションが募っていく。

それに乗じてロシアは終盤猛攻を仕掛けるも、こちらも一点が遠い。最後は細かくパスをつなぐことなくシンプルにロングボールを入れて一発を狙うも、ブルーノ・アルヴェス、ペペ率いるポルトガルの鉄壁の守備網を掻い潜るには至らなかった。

・決定力不足に泣いたロシア
試合は1-0で虎の子の一点を守ったポルトガルが制した。これにより、ポルトガルは勝ち点を4に伸ばして決勝トーナメント進出に王手。ロシアは最終戦のメキシコ戦にグループリーグ突破の望みをかける。この日枠内シュート0に終わったホスト国ロシアだが、最終戦で課題の決定力を克服することができるかが勝利への鍵となる。

尚、この日のマンオブザマッチには、先制点を決めたクリスチアーノ・ロナウドが選出されており、彼にとって2戦連続での栄誉となった。

グループAもう一つの試合、メキシコとニュージーランドによる一戦は、2-1でメキシコが勝利している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です