開催国ロシアがグループ突破をかけてチチャリート等有するメキシコと激突!

・勝てば突破が決まるロシア
24日、コンフェレデレーションズカップのグループリーグ最終節が行われ、開催国ロシアと北中米カリブ海王者メキシコが対戦した。

勝ち点4で首位に立つ北米王者は、この試合ドローでも決勝トーナメント進出が決定。一方ホスト国ロシアは1勝1敗の3位で、グループ突破するためにはこの試合勝利しなければならない。

そんな両者による対戦、前半15分最初の見せ場が訪れる。

ロシアのフョードル・スモロフがペナルティエリア内で相手に倒される。一時プレーは流されたものの、プレーが切れた時点でビデオ・アシスタント・レフェリーによるチェックが入る。しかし改めてノーファールであることが告げられ、ロシア大観衆は大ブーイング。

しかし24分、ロシアに待望の先制ゴールが生まれる。左サイドからのクロスを受けたアレクサンドル・エロヒンはシュートを空振りしてしまうが、即座に右にいたアレクサンドル・サメドフへラストパス。これをサメドフがダイレクトでシュートし、これがゴール左隅へ突き刺さった。対峙するディフェンダーの股間を抜くシュートだっただめ、メキシコキーパーのオチョアも意表を突かれた格好となった。

歓喜に沸いたスタジアムだったが、わずか5分後静寂にかわる。30分、メキシコはエクトル・エレーラのロングパスを、ゴール前にいたネストル・アラウホがヘッドで巧みに合わせて同点とする。

さらには後半立ち上がり早々、またしてもエクトル・エレーラのロングパスからメキシコにゴールが生まれる。エレーラが自陣から大きく蹴ったロングパスに、イルビング・ロサノが飛び出してきた相手キーパーのアキンフェエフと交錯しながら頭で合わせる。これが無人のロシアゴールに吸い込まれて、メキシコが逆転。

68分にはこの日再三チャンスメイクしていたユーリ・ジルコフが二枚目の警告を受けて退場してしまい、ロシアは万事休す。終盤のイーゴリ・スモルニコフのシュートも、空しく枠の外を飛んでいった。

結局、ロシアはメキシコからゴールを奪うことができず、1-2で敗れてしまった。この結果、メキシコがグループ2位で決勝トーナメントへ進出し、ワールドカップの開催国としてなんとか意地を見せたかったロシアは、グループ3位で敗退となった。
メキシコは準決勝でグループB首位のチームと相まみえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です