首位通過を狙うポルトガルがニュージーランドと激突 ロナウド、クアレスマ等先発

・欧州王者×オセアニア王者の一戦
ロシアで開催中のコンフェレデレーションズカップは24日、グループAの最終節が行われ、グループ2位のポルトガルと最下位のニュージーランドが対戦した。

この試合引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるも、首位のメキシコをかわして1位突破を狙うポルトガルと、2連敗ですでに敗退が決定しているニュージーランドの対戦。
試合序盤は、前節のメキシコ戦に続いて積極的にゲームに入ったニュージーランドがポゼッションでポルトガルを上回る。しかし、時間が経つにつれ次第にポルトガルがサイドを中心にニュージーランド陣内へ攻め込み始め、22分に最初の見せ場が訪れる。
右サイドのクロスにエースのクリスチアーノ・ロナウドが頭で合わせるが、強烈なシュートはクロスバーにはじき返された。それでも32分、ポルトガルが左コーナーキックでエリア内のダニーロ・ペレイラが相手に倒され、ペナルティキックを獲得。これを今度こそクリスチアーノ・ロナウドがきっちりゴールマウスへ沈めて1-0とする。

追加点はすぐに生まれる。5分後、エリゼウの左サイドからのマイナスの折り返しに、ベルナルド・シルヴァが左足で合わせて2-0。
ポルトガルは、後半から負傷したベルナルド・シルヴァに替えてピッツィをピッチに送る。

なんとか一点差に詰め寄りたいニュージーランドは、58分、トマス・ドイルがペナルテイエリア左から速いグラウンダー性のクロスを送ると、これにクリス・ウッドがスライディングしながら合わせる。しかし、この決定機はポルトガルの守護神ルイ・パトリシオのビッグセーブに阻まれた。

ポルトガルは、67分にクリスチアーノ・ロナウドを早めに下げ、ナニを投入。79分には、アンドレ・シルヴァが中央からドリブルで持ち上がり、そのまま右足シュートをゴール左上隅に突き刺し3-0。
さらには後半アディショナルタイム、交代出場のナニが試合を決定づけるダメ押しゴールを奪い4-0とし勝負あり。

結果、ニュージーランドは三連敗でグループ最下位、ポルトガルは、得失点差でメキシコを交わして首位で決勝トーナメントに進出した。
尚、この試合でマンオブザマッチに選出されたクリスチアーノ・ロナウドは、グループリーグ全試合でマンオブザマッチに輝く大活躍。

準決勝では、グループB2位のチームと相まみえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です