グループ突破をかけた一戦は熱い展開に 南米王者チリ×アジア王者オーズトラリア

・2点差以上の勝利が絶対条件のオーストラリア
25日、ロシアで開催中のコンフェデレーションズカップは、グループBの最終節を行った。この日は、南米王者のチリと、アジア王者のオーストラリアがグループリーグ突破をかけて激突。

2試合を終えて勝ち点4を積み上げているチリは、この試合引き分けでも決勝トーナメントへ進出できるが、一方のオーストラリアは勝ち点2しか積み上げていないため、トーナメント進出に向けて勝利が絶対条件となる。
さらに、オーズトラリアが勝利したとしても、それが1点差であれば得失点差でチリを下回るため、同時刻で行われているドイツ対カメルーンの試合でカメルーンがドイツを下さなければならない。

つまり、オーストラリアが文句なしで決勝トーナメントへ進出するためには「2点差以上の勝利」が必須という状況だ。

2点差勝利へ向けて、是が非でも先制ゴールを奪いたいオーストラリアは、試合開始直後からこの日初先発となったティム・ケーヒルを中心に前線からハイプレスをしかける。
それでも巧みにいなすチリは、アレクシス・サンチェス、エドゥアルド・バルガス中心に決定機を作りオーストラリアゴールを脅かす。しかしなかなか得点は生まれない。

すると41分、オーストラリアのハードワークが実を結ぶ。チリのパスミスを突いたオーストラリアは、ショートカウンターでペナルテイエリア前で行き、アーヴァインのシュートのこぼれ球をトロイージが冷静にループシュート。これがブラボの頭上を越えてゴールイン。前半はオーストラリアが千載一遇のチャンスをものにして1-0で折り返す。

0-1の敗戦でも決勝トーナメントへの進出が決まるチリだが、果敢にオーストラリアゴールへ迫る。すると66分、後半開始から交代出場したロドリゲスが混戦から上手く抜け出して同点ゴールを奪う。

その後も同点に追いついたチリがゲームを優位に進めるも、これ以上の得点を決めることはできず、結果1-1でタイムアップとなった。これにより、チリが勝ち点5でグループ2位となり決勝トーナメントへ進出。オーストラリアは勝ち点2としグループリーグ敗退となった。

オーストラリアは、この試合敗れはしたものの南米王者と対等に戦った。また、今大会で得られた経験ははかりしれないものだろう。8月31日のワールドカップ予選では、今日見せたハードワークで日本に猛威を振るってくることは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です