南米王者チリとヨーロッパ王者ポルトガルの対決はPK戦までもつれこむ死闘に

・チリとポルトガルによるビッグマッチは死闘に
ロシアで開催中のコンフェレデレーションズカップは28日準決勝が行われ、南米王者のチリとヨーロッパ王者のポルトガルが激突した。今大会最大のビッグマッチとなったこの一戦、南米覇者のチリがポルトガルにPK戦の末勝利し、初のファイナル進出を果たした。

チリは、マンチェスター・シティの守護神クラウディオ・ブラボがビッグセーブを連発し、この試合マンオブザマッチに輝いた。特に、0-0で突入したPK戦では、スタートから3人連続でストップし、チームに勝利をもたらした。

3人目のキッカーであるナニのペナルティキックをセーブし、勝利が決まった後、ブラボはチーム全員から胴上げされた一方、頂点への夢が断たれたポルトガル代表のエース、クリスチアーノ・ロナウドは茫然としたままピッチを後にした。試合後の両者の表情、チームの様子はこれでもかと言うくらい対照的なものだった。

・ビッグチャンスを逸したチリだが最後に報われる
この試合、両チームのゴールキーパーのビッグセーブで口火を切った。前半5分にチリのストライカー、エドゥアルド・バルガスがアレクシス・サンチェスのスルーパスに抜け出してキーパーと一対一でシュート。しかしこれをルイパトリシオが身体を投げ出してブロック。その2分後、今度はチリのブラボがこれまた身体を投げ出してアンドレ・シウバの一対一でのボレーシュートをブロック。

派手な立ち上がりとなったゲームだが、この後は両者決定機を作ることができず前半を折り返す。後半はクリスチアーノ・ロナウドのフリーキックやビダルのミドルシュートを含む数多くの見せ場があったものの、両者1点を決めることができない。
90分では決着がつかず、延長戦へ突入し、試合終了間際にチリにビッグチャンスが到来するが、無情にも2本のシュートが立て続けにゴールの枠を叩いてやはりゴールとはならない。120分でも決着がつかず、試合はPK戦へ。

アルトゥーロ・ビダルのキックで始まったPK戦。チリはビダル、アランギス、サンチェスの最初の3人全員が成功。一方ポルトガルはリカルド・クアレスマ、ジョアン・モウチーニョ、ナニのシュートがすべてブラボに阻まれて、0-3で呆気なく敗れてしまった。クリスチアーノ・ロナウドに順番が回ることなく終わったPK戦、ブラボの驚異的な活躍でチリが制した。

チリは7月2日の決勝戦で、もう一つの準決勝メキシコ×ドイツの勝者と相まみえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です