コンフェレデレーションズカップ決勝戦の結果は…?世界王者VS南米王者

・世界王者VS南米王者
ロシアで開催されているコンフェレデレーションズカップは2日決勝戦が行われ、ドイツ代表とチリ代表が対戦した。ワールドカップチャンピオンのドイツと、コパアメリカチャンピオンのチリの初優勝をかけた一戦は、アレクシス・サンチェスやアルトゥーロ・ビダルといったビッグネームを引っ提げたチリが試合序盤から猛威を振るう。

まずは開始2分、アランギスがペナルティエリア左に抜け出すもこれはリュディガーのブロックにあう。このこぼれ球にビダルがダイレクトシュートで合わせるが、今度はドイツ守護神のテア・シュテーゲンのビッグセーブに阻まれる。

チリはその後も電光石火のごとくアレクシス・サンチェス、エドゥアルド・バルガスらがドイツゴールを脅かすも、なかなか先制ゴールが奪えない。

圧倒的にゲームを支配していたチリだったが、一つの凡ミスで試合の流れを一変させてしまう。最終ラインでボールをキープしていたマルセロ・ディアスがティモ・ヴェルナーにボールを奪われ、そのままエリア内へ侵入を許す。最後はGKブラボの目の前でフリーだったシュティンドルに横パスを出され、これを無人のゴールに決められてしまい、ドイツに値千金の先制ゴールを奪われた。

ドイツにとっては、序盤のチリの猛攻に忍耐強く耐え忍んだあとのファーストチャンスだっただけに、精神的にもあまりに大きすぎる先制ゴールとなった。その後ドイツも気持ちに余裕が生まれたのか、ゴレツカ、シュティンドル、ドラクスラー、ヴェルナーらがチリゴールに迫る。しかし前半のうちに追加点は奪えなかった。

後半に入ると、やはりチリが試合の主導権を握り返し、試合終盤にバルガス、サンチェス、ビダルらにたびたび決定機が訪れる。しかし、テアシュテーゲンの好セーブもあってなかなか同点ゴールを奪うことができない。試合終了間際のアレクシス・サンチェスの枠を捉えたフリーキックも、テアシュテーゲンに弾きだされてしまった。

終盤は完全にドイツが防戦一方の展開となったが、最後まで失点を許さなかった。結果、ドイツがチリに1-0と勝利し、コンフェレデレーションズカップ初優勝に輝いた。ドイツは今大会若手主体のチーム編成だったにもかかわらず、ワールドカップ王者の貫録、選手層の厚さを見せつけた格好だ。今回の「2軍ドイツ」の躍進は、他の強豪国に少なくない脅威を与えることになっただろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です