内田篤人が返ってきた!プレシーズンマッチで圧巻2ゴール

・内田篤人が新指揮官に猛アピール
ブンデスリーガシャルケ04に所属する元日本代表の内田篤人が、8日に行われたプレシーズンマッチに45分間出場し、2得点をマークする活躍を魅せた。

2年前に右膝膝蓋腱の手術を受けて以来離脱していた内田は、昨年12月に行われたヨーロッパリーグのザルツブルク戦に出場して、639日ぶりとなる戦列復帰を果たす。しかし、その後シーズン中断期間に再び内転筋を痛めて再離脱してしまい、それ以来リーグ戦の出場が無いままシーズンを終えていた。

来シーズンこそはという意気込みが強い内田は、8日のドイツ6部のエアケンシュビックとのプレシーズンマッチに後半頭から出場し、目に見える結果を残して新指揮官にアピールした。

まずは3分、イェブヘン・コノプリャンカからの右からのクロスを受けた内田は、ペナルティエリアで相手ディフェンスを冷静にかわして左足で巧みにゴール左へ流し込んだ。さらにはその5分後、ハジ・ライトの折り返しをペナルティエリア内に走り込んでいた内田が今度は右足で合わせて2ゴール目を決めた。

チームの4、5点目となる得点を決めた内田は、チームメイトから熱い抱擁を受けながら満面の笑みを見せた。その後シャルケはエアケンシュビック相手に1失点するものの、その後ハジ・ライトの圧巻の4ゴールで9-1と大勝を収めた。チームは、メニコ・テデスコ新監督のシーズン前最初のゲームを白星で飾った。

・2年半ぶりのブンデス復帰に期待高まる
試合を見てみると、まだ右足にサポーターを付けた状態でプレーをしていた内田。2年間という長期の戦線離脱が響いて、一時は今夏に放出される可能性を示唆するメディアも多数あったが、来月18日に開幕する2017-18シーズンの開幕戦でのスタメン奪還にに向けて上々の滑り出しを見せた。
このままプレシーズン中に少しずつ調子を上げていき、2015年3月7日のホッフェンハイム戦以来となるブンデスリーガ出場を果たして欲しいところだ。開幕戦のライプツィヒ戦に出場すれば、およそ2年半ぶりの同リーグ復帰となる。

ドイツメディア『Sport』も、今回の内田の復活劇を受けて、「戦線離脱していた内田が立て続けにゴールを決めた。こんなことが可能なのか!?現在のシャルケで完全な主力というわけではないが、あまりにもクールにゴールを決めた。」と「白熱の実況」で賛辞を送った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です