エバートンでルーニーは活きるか?ハイプレスできるかどうかが鍵

・ハイプレスサッカーに馴染めるか?
昨日、マンチェスター・ユナイテッドのエースで10番のウェイン・ルーニーが、古巣のエバートンへ13年ぶりに帰還したというニュースが報道され、世界各国のフットボールニュースはこのイングランドの英雄の話題で持ち切りになった。

今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドで出番が激減したルーニーは、考えられる「最善の選択」を下したかたちとなったが、この移籍を疑問視するメディアも少なからずあるようだ。イギリスメディア『sky SPORTS』は、スピードが求められるエバートンの今の戦術に、果たしてルーニーが付いていくことができるのかと疑問を投げかけている。

たしかに、31歳となってスピードこそ全盛期のそれからはかけ離れてしまったものの、経験値は圧倒的なものがあるし、そうしたものは若手の多いエバートンにとって掛替えのない助けになるはずだ。

しかしsky SPORTSは、スピードを失ったルーニーが、ロナルド・クーマンのハイプレス戦術に適応できるのかどうか懸念している。sky SPORTSで解説を務めるジェイミー・キャラガー氏も、「クーマンの戦術では、前線のハイプレスに失敗すれば中盤の選手に大きな問題が起こる。最終的に、ディフェンダーに大きな負荷を与えてしまう」とコメントしており、ルーニーがどれだけハイプレスに適用できるのか、相手を追いかけ続けることができるのかという観点で疑問を投げかけている。

・真ん中でボールを受けるべき?
少なくとも、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したロメル・ルカクのようなスピードは彼に期待することができないのはたしかだ。そうすると、クーマンのもとでルーニーを活かすだめには、どういった起用法が最善なのだろうか?

マンチェスター・ユナイテッドでも、センターフォワード以外のポジションをそつなくこなしてきたルーニーは、ときにはセントラルミッドフィルダーも務めていた。もちろんどのポジションで出た場合でも機動力、運動量は高いものを求められるが、トップでハードワークするよりは中央でどんどんボールを受けるかたちでゲームに入る方が彼にとってはやり易いだろう。

なにより出場機会をもとめてエバートンへやってきたであろうルーニーだが、果たしてエバートンにとってプラスの存在になることはできるのだろうか。クーマンの指揮官としての腕の見せ所でもあり、ルーニーの適応力がなにより問われるところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です