岡崎がWBA戦に先発出場 スリマニとコンビを組んで得点演出

・先発出場の岡崎が得点を演出
現地時間19日、レスター所属の日本代表岡崎真司は、香港で開幕したプレミアリーグのプレシーズンマッチ「アジアトロフィー」の初戦に先発出場した。一戦目の相手はウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンで、この試合に45分間出場し、今や真骨頂ともいえるハードワークで指揮官に猛アピールした。

この日はアルジェリア代表のイスラム・スリマニとともに2トップを組んだ岡崎。その他リヤド・マフレズ、エンディティといった昨季の主力メンバーも先発に名を連ねたが、キャプテンのモーガンやヴァーディ、フクス、ドリンクウォーターといった選手は出場せず、控えメンバー中心でのスタートとなった。

試合は開始10分に動く。ウェスト・ブロムウィッチのロドリゲスにミドルレンジから豪快なシュートを叩きこまれレスターは先取点を奪われる。しかし22分、マフレズが中盤でボールを受けると自慢のドリブルでゴールへ迫る。
前に走り込んでいた岡崎が斜め前方へ献身的にスプリントし、黒子役に徹する。するとドリブルで突破したマフレズがそのまま左足でシュートしゴール右隅へ突き刺した。前半の早い段階でレスターが1-1の同点に持ち込む。

得点シーンに関与した岡崎は、その後も献身的な動きを見せ、守備面でも豊富な運動量でチームを助ける。前半終了直前の45分という奇妙な時間帯にイングランド代表のジェイミー・ヴァーディーと交代したものの、岡崎は限られた時間の中で自分に与えられた役割を果たすことに成功した。

・今季も厳しいポジション争いが待ち受ける
昨シーズンの前半戦、ラニエリがまだ指揮を執っていたころは、ムサやスリマニといった新戦力の加入もあって十分に出番が与えられなかった岡崎だが、同様にチームも成績不振に陥った。
その後ラニエリが解任となり、コーチだったシェイクスピアが監督に昇格して以降は、優勝したシーズンと同様にヴァーディーとコンビを組んで先発出場することが多くなった。

シェイクスピア体制2シーズン目となる今シーズン、昨シーズンの序盤同様に前線での厳しいポジション争いは不可避だが、岡崎には他の選手より明らかに長けている能力がある。それは、スタミナと献身性だ。今シーズンも、これらを武器にチームの主力メンバーとしてシーズンを戦ってほしいところだ。プラス、もう少しの得点力が加われば、岡崎の定位置確保は堅いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です