乾がプレシーズンマッチ2試合に出場し2連勝に貢献 代表戦も期待

・乾がプレシーズンマッチ2試合に出場
悲願のリーガエスパニョーラ挑戦から、早くも3シーズン目に突入しようとしているエイバルの乾貴士。昨シーズンは、最終節のカンプノウで行われたバルセロナ戦でセンセーショナルな2得点を決め、一躍時の人となったサムライだが、新たに始まるシーズンでも、そのバルセロナ戦で魅せたような輝きに期待がかかる。

そんなエイバルは、新戦力を試すべくプレシーズンマッチを二試合行った。今夏稀に見ぬ積極補強を見せているエイバルだが、既にアルコルコンからゴールキーパーマルコ・ディミトロビッチ、ポルトからディフェンダーのホセ・アンヘル、ポルティング・リスボンから同じくディフェンダーのパウロ・オリベイラ、さらにはアルコルコンから中盤のイバン・アレホ、マラガからチャルレス、エスパニョールからジョアン・ジョルダンを獲得。

これら大人数のニューフェイスを試すという意味合いでも、エイバルにとってシーズン前のプレシーズンマッチは非常に重要だ。

そんな中、日本代表の乾はプレシーズンマッチ初戦となったレアル・ウニオン戦でスタメン出場、2戦目のバラカルド戦は後半開始から途中出場した。エイバルは、それぞれ3-1、4-1と快勝を収めており、新シーズンの開幕に向けて絶好の滑り出しを見せたている。
また、これだけ新戦力が加わった中で、しっかり2試合ともに起用された乾は、昨シーズンに引き続き、ポジション争いで一歩リードしているといっていいだろう。

・エイバルでポジションを確保すればロシアが見える?
乾といえば、先日のロシアワールドカップアジア最終予選のイラク戦のテストマッチとして組まれたシリア戦に日本代表戦2年ぶりに出場し、圧巻のパフォーマンスを披露して大観衆を沸かせた。
キレのあるドリブル、正確なパス、そして柔らかいトラップ。

どれをとってもスペイン仕込みのテクニカルなプレーであることは一目瞭然で、フランクフルト時代からさらにレベルアップしている。現に、昨シーズン最終節のバルセロナ戦で決めた2ゴールはどちらも非常に高度なものだった。

エイバルでコンスタントに試合に出場し、ロシアワールドカップで輝く乾の姿が見たいところだが、まずは開幕戦定位置争いのプレシーズンマッチでの吉報を楽しみにしていよう。
エイバルは20日からオーストリア遠征を行い、イングランドのリーズ、トルコのカスムパシャ、ドイツのシャルケと対戦する予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です