「クロアチアの天才」が新10番への想いを告白 番号変更の経緯は?

・「このチャンスを逃すわけにはいかなかった」
レアル・マドリードの「新10番」が、クラブの公式インタビューにてその番号に対する思いの丈を語った。

新たに背番号10を付けることとなったクロアチア代表のルカ・モドリッチは、「これまで、ディナモ・キエフとクロアチア代表で10番を背負ってきた。今回で3度目となる」と前置きをした上で、「この番号を着けることになり、今は非常に誇り高い気持ちでいるよ。かつてレアルで10番を背負ってきたメンバーを見れば、偉大な選手ばかりだからね。」と10番に対する思いを語った。

これまで10番をつけていたコロンビア代表のハメス・ロドリゲスがバイエルン・ミュンヘンへ移籍したことにより、10番を受け継ぐ格好となったモドリッチだが、背番号を19から10へ変更するに至った心境についても語っている。

「正直、最初は背番号を変えようとは少しも思わなかったんだ。19番に愛着があったからね。でも、10が空き番になるとわかったとき、僕はこのチャンスを逃すわけにはいかないなと思ったんだ。なぜなら、10番は僕が一番好きな番号だからさ。」

また一方で、背番号が変わったことによるプレー面での変化はないとも強調している。
「もちろんこの番号を着けるににふさわしい活躍ができればなと願っている。しかし、プレーをするのは背番号ではなくて僕自身だ。僕としては、背負っている番号に関係なく、これまでと同じようにピッチ上でみんなの助けになるため全力を尽くすのみだ」と締めくくった。

・ジンクス払拭なるか
レアル・マドリードの10番と言えば、元ポルトガル代表のルイス・フィーゴが成功を収めて以来「呪われた番号」としてファンの間で話題になっている。

これまでブラジル代表のロビーニョ、オランダ代表のウェズレイ・スナイデル、フランス代表のラッサナ・ディアッラ、ドイツ代表のメスト・エジル、そしてハメス・ロドリゲスが着けてきたが、何れの選手も不本意な形で退団を余儀なくされたり、また期待に沿う活躍ができなかった。

しかし、中盤で絶対的な存在感を放つこのクロアチア代表の天才が彼らの後継者となることで、「ジンクス」を払しょくすることになるのではないだろうか。
少なくとも彼に限って、10番を着けたことによるプレッシャーが足かせとなってパフォーマンスが低下するといったことは起こらないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です