アフロヘアでお馴染みのオマルがついに欧州挑戦?ニースが獲得に乗り出す

・オマルがついに欧州上陸か?
とうとうあのアジアの天才がヨーロッパへ上陸するかもしれない。
現地時間3日付けのフランスメディア『フットボールフランス』によると、フランスリーグアンの名門ニースが、UAE(アラブ首長国連邦)代表の10番、オマール・アブドゥルラフマーンの獲得に本腰を入れ始めているようだ。

フットボールフランスによると、今夏のアタッカーの獲得を至上命題としているニースは、オマール・アブドゥルラフマーンをリストアップの最上位に挙げたようで、先日から移籍の噂がでているオランダ代表のウェズレイ・スナイデルを、その為替案に定めたようだ。
つまり、アブドゥルラフマーンの獲得に失敗した場合、スナイデルの獲得に乗り出すということだが、このUAEのテクニシャンにどれだけ興味を抱いているかということがこれだけで窺える。

加えて同メディアは、アブドゥルラフマーンをアジア屈指のスーパースターであると紹介している。2015年のアジアカップでは決勝トーナメントで日本を破る大金星を挙げるなどチームのベスト4進出に大きく貢献。翌2016年にはアジア年間最優秀選手にも選出されている。

一時はマンチェスター・シティのチーム練習に参加するためにイングランドへ渡り、そのままシティの一員になるかと思われた。4年契約での合意が間近に迫っていたが、直前でビザの取得が困難になったことで、ヨーロッパ挑戦を断念したという経緯がある。

・商業面でもメリットが大きい?
またフットボールフランスは、彼の特徴的なヘアースタイルにも注目。今やお馴染みとなったアブドゥルラフマーンのアフロヘアーは、マーケティング面でも大きな働きを見せるかもしれないと伝えている。
プレースタイルは然ることながら、そうしたビジュアル面でもニースの顔として人気をはくするかもしれない。また、アジアの新規ファン獲得、グッズ収入、その他スポンサー収入等、アジアのスターを獲得することで得られる「旨み」も計算できるのではないかと予測している。

ニースといえば、元ブラジル代表のセンターバック、ダンテや、元イタリア代表のストライカー、マリオ・バロテッリといったスターが在籍している。
先日のチャンピオンズリーグ予選でも難敵アヤックスを退けてプレーオフへ駒を進めている。ひょっとすると来季は日本のライバルでもあるアブドゥルラフマーンをチャンピオンズリーグの舞台で拝見することができるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です