neima-ru5

ネイマールはパリで記録を打ち立てられるか?ブラジル人で最も結果を残したのは…

・ブラジル人が多く在籍するパリ
パリ・サンジェルマンがブラジル代表のエースネイマールをバルセロナから獲得したが、パリ・サンジェルマンには多くのブラジル人選手が在籍していることでも知られている。

現在在籍しているブラジル人選手はマルキーニョス、ルーカス・モウラ、チアゴ・シウバ、ダニエウ・アウベス、そしてネイマールが5人目のブラジル人選手となった。現在だけでなく過去にもブラジル人選手が多く在籍していたパリ・サンジェルマンだが、ネイマールはクラブの歴史上31人目のブラジル人選手となる。

そこで、ブラジルメディア『グローボ・エスポルチ』は、これまでパリ・サンジェルマンに在籍していたブラジル人選手に関係するデータを紹介している。

・出場、得点ランキングを掲載
まず歴代得点ランキングから見てみよう。1位は1993~98に在籍していたライーがダントツの72得点となっている。ブラジル代表でもキャプテンを務めたライーは、サンパウロから加入後適応に苦しんだが、コンスタントに2桁得点を達成し、UEFAカップウィナーズカップを含むあらゆるタイトルを獲得した。

2位は2010~13に在籍していたネネの48得点となっている。3位は2013年から現在まで所属しているルーカス・モウラの45得点となっている。モウラはあと4ゴール決めれば単独2位に浮上する。

4位は1999~01に在籍し28得点をマークした1999~01、5位には2010~03に在籍していたロナウジーニョの25得点という記録がランクイン。ロナウジーニョは在籍わずか2シーズンで25得点という結果を残している。

また、グローボ・エスポルチは出場試合数ランキングも掲載している。
1位は意外にも2013年から在籍しているルーカス・モウラで223試合。2位はライーで215試合。
3位は2012~17年にサイドバックを務めたマクスウェルが214試合でランクイン。2012年から所属しているチアゴ・シウバは203試合で4位に、2007~12年に在籍していたセアラが196試合で5位にランクインした。

2012年から昨年引退を表明するまでパリ・サンジェルマンでプレーしていたマクスウェルや、同じく12年から在籍しているチアゴ・シウバといった選手を抑えて、ルーカス・モウラがトップに立っている。果たして新加入するネイマールは、これらの記録に名前を残すことができるだろうか。先数年間の活躍に注目が集まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です