酒井高徳がキャプテンを務めるハンブルガー、まさかのポカール初戦敗退

・酒井主将のハンブルガーが初戦敗退
DFBポカール1回戦の最終日となった現地時間13日、日本代表のサイドバック酒井高徳が所属するハンブルガーSVは、敵地で3部のオスナブリュックと対戦した。

この試合、10人となった格下相手にハンブルガーは苦杯をけっし、屈辱のDFBポカール1回戦敗退となってしまった。DFBポカール1回戦を通しての最大のサプライズとなったこの一戦、ドイツ誌も驚きを持って報道している。

この日も例のごとくキャプレンマークを巻いてフル出場した酒井高徳は試合後、「かなり痛いですね。なにより負け方が悪いというか、ポカール特有の雰囲気に飲まれてしまった感はある」と悔しさをあらわにした。

前半17分にオスナブリュックはマルセル・アピアががレッドカードで退場となり、前半の早い時間から数的優位に立ったハンブルガーだったが、気のゆるみが生じたのか逆に前半38分に先制ゴールを許した。

これに関して酒井は、「相手が一人減ってから、いいことをしようとか、どうやって崩そうかということばかりを考えちゃって、直接的にゴールに結びつくようなプレーが疎かになってしまった。それが今回の敗戦の要因の一つなのかなと思う」と振り返った。

0-1で折り返した後半も、数的不利のオスナブリュックに押し込まれる時間が続き、15分と25分に立て続けに失点してしまった。振り返ってみると、15分の失点でさらにずるずるチームの雰囲気が悪くなってしまった感があるため、2失点目をなんとしてでも防ぎたかったところだ。
ハンブルガーはその後28分にペナルティキックを獲得し、これは確実に沈めて2点差に詰め寄るも、ここから盛り返すことはできなかった。一昨年も4部チームに敗れているハンブルガーだが、今回はその二の舞となってしまった。

昨シーズンの8強進出に大きく貢献した酒井は、「それぞれのチームが属しているリーグの特色というか、力の使いどころがまたブンデスリーガと違うところがあるため、こうしたサプライズが起こることはある」と同大会の難しさに触れ、「心の中で、この程度で良いだろうとか、ボールをできるだけ保持しようと考えることが逆に試合のテンポを遅らせてしまった。相手のリズムに飲まれたという訳ではなく、こちらが相手に合わせてしまった」と悔やんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です