大迫は予定より早期に復帰できる?オーストラリア戦に間に合うのか

・順調な回復ぶり
ブンデスリーガ1部ケルンに所属する日本代表のストライカー大迫勇也は、現在負傷離脱中だが、その回復具合の程はいたって順調のようだ。ドイツメディア『エクスプレス』等が報道している。

7月末に開催されたボローニャとのプレシーズンマッチで、先発出場した大迫は足首の靭帯を損傷。負傷直後のクラブの発表では、「今後ユウヤは数週間チームを離脱することになるだろう」とのことだったが、回復スピードが予想以上に早く、復帰時期も当初の予定より早くなる予定のようだ。

「キッカー」や「エクスプレス」の報道によれば、大迫は16日のチームトレーニングに姿を現し、同じく負傷離脱中のゴールキーパートーマス・ケスラーとともに軽い練習をこなしていたそうだ。ケルンの指揮官ペーター・シュテーガーは、この日本人ストライカーは近々ピッチに立つことになるだろうと早期復帰を示唆している。

「ユウヤはとってもいい感じだよ。当然ながら週末のブンデスリーガ開幕戦にメンバー入りさせることはまだ難しいけど、順調にリハビリメニューをこなしているし、回復もかなり順調だ。ハンブルガーとの試合に間に合うかどうかはまだわからないが、そのあとはインターナショナルブレイクに入るからチームとしてはそこまで痛くないね。」とコメント。

・第二節にも復帰の可能性
20日に行われるブンデスリーガ開幕戦のボルシア・メンヘングラードバッハとの一戦には間に合わないものの、第二節の酒井高徳がキャプテンを務めるハンブルガーSVとの注目の日本人対決には出場することができるかもしれないということだ。
仮に第二節に出場することができなくても、そのあとにインターナショナルブレイクが入るため、遅くても第三節の宇佐美貴史所属のアウクスブルク戦には間に合う見込みだとしている。

仮に、ボルシア・メンヘングラードバッハ戦に出場できなかったにも関わらず、日本代表に招集された場合は、シュテーガーにとっては芳しいものではないかもしれない。
日本代表監督のハリルホジッチも、大迫の招集についてはインターナショナルブレイク前に実戦復帰できるかどうかというところに焦点を当てているだろう。
はたして来る31日のワールドカップアジア最終予選の大一番であるオーストラリア戦のピッチに、絶対的エースの姿はあるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です