日本代表メンバー27名発表!柴崎、武藤らが復帰 杉本もサプライズ選出

・日本代表メンバー発表!
24日、日本サッカー協会は8月31日、9月6日のロシアワールドカップアジア最終予選に向けた代表メンバー27名を発表した。

代表メンバーは以下の通り。

●GK
川島永嗣/メス(フランス)
中村航輔/柏レイソル
東口順昭/ガンバ大阪

●DF
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)
長友佑都/インテル(イタリア)
酒井高徳/ハンブルガーSV(ドイツ)
槙野智章/浦和レッズ
昌子源/鹿島アントラーズ
植田直通/鹿島アントラーズ
三浦弦太/ガンバ大阪
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)

●MF
長谷部誠/フランクフルト(ドイツ)
井手口陽介/ガンバ大阪
山口蛍/セレッソ大阪
高萩洋次郎/FC東京
香川真司/ドルトムント(ドイツ)
小林祐希/ヘーレンフェーン(オランダ)
柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)

●FW
久保裕也/ヘント(ベルギー)
本田圭佑/パチューカ(メキシコ)
乾貴士/エイバル(スペイン)
原口元気/ヘルタ・ベルリン(ドイツ)
杉本健勇/セレッソ大阪
大迫勇也/ケルン(ドイツ)
浅野拓磨/シュトゥットガルト(ドイツ)
武藤嘉紀/マインツ(ドイツ)
岡崎慎司/レスター・シティ(イングランド)

・杉本健勇が初招集!
まず、直近まで負傷離脱していたドルトムントの香川や、ケルンの大迫、パチューカの本田といった選手がこれまで通り選出された。
加えて、リーガエスパニョーラで好調を維持するヘタフェの柴崎、エールディビジで活躍するヘーレンフェーンの小林、マインツの武藤といった選手が復帰を果たした。

今回のメンバー発表で一番のサプライズとなったのは、今シーズンセレッソ大阪で得点を量産している杉本がフォワード登録選手の中で唯一の国内選手として選出されたことだろう。
今季Jリーグで23試合に出場し、14ゴールを挙げている杉本だが、負傷明けでコンディションが懸念される大迫の代役としてオーストラリア戦、サウジアラビア戦のベンチメンバーに入ることが予想される。

また今回発表されたメンバーは27名となっているが、最終的にアジア最終予選の試合では23名まで絞る必要があるため、必然的にこの中から4名が帯同しないことになる。そのあたりはハリルホジッチが実際に選手たちのコンディションを確認しながらチームを構築していくのだろう。

日本代表は、8月31日にオーストラリアと埼玉スタジアム2002で、9月6日にサウジアラビアとキング・アブドゥラー・スポーツ・シティーでそれぞれ対戦する。
どちらかの試合で勝利を掴むことができれば、ワールドカップへの出場権を獲得することができる日本代表だが、果たして勝利を手にすることができるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です