オランダがフランスに完敗!【W杯ヨーロッパ予選第7節1日目結果】

・ヨーロッパ予選試合結果
現地時間31日、世界各国でワールドカップヨーロッパ予選が行われた。試合結果は以下の通り。

<2018ワールドカップ欧州予選第7節1日目試合結果>
グループA
フランス4-0オランダ
ルクセンブルク1-0ベラルーシ
ブルガリア3-2スウェーデン

グループB
ポルトガル5-1フェロー諸島
ハンガリー3-1ラトビア
スイス3-0アンドラ

グループH
ベルギー9-0ジブラルタル
キプロス3-2ボスニア・ヘルツェゴビナ
ギリシャ0-0エストニア

・欧州予選第7節1日目試合総括
まずこの日の最注目マッチは、グループAのフランス×オランダだ。予選敗退の危機に立たされているオランダが、アウェーでフランスと対戦したが、アントワーヌ・グリーズマン、キリアン・ムバッペらのゴールにより0-4で大敗。結果グループ4位に転落したオランダは、ワールドカップ出場へ赤信号が灯った。

また、グループAではアップセットもあった。4位のブルガリアがコスタディノフ、チョチェフらの得点でグループ首位のスウェーデンを3-2で破り、オランダを抜いて3位に浮上。

結果、グループAはフランス、スウェーデン、ブルガリア、オランダの4チームが勝ち点6差で犇めき合うという大混戦になっている。果たして最後に笑うのはどのチームになるのだろうか…。

グループBでは首位のスイスがセフェロビッチの2ゴールとリヒトシュタイナーの得点によりアンドラを3-0で退けた。スイスを猛追する2位ポルトガルは、エースクリスチアーノ・ロナウドのハットトリック等5-1でフェロー諸島を破った。

グループHでは、首位ベルギーがジブラルタル相手に大暴れ。ロメル・ルカクとムニエがハットトリックを決めるなど、9ゴールを奪って相変わらず無敗で首位をキープした。

ベルギーを追いかけるボスニア・ヘルツェゴビナは、ジェコ、ピャニッチ、イビセビッチ等豪華なメンツを揃えるが、伏兵キプロス相手に2-3と痛恨の敗戦。ワールドカップ出場に黄色信号がともっている。

2日目となる今日は、ドイツ対チェコ、デンマーク対ポーランド、スロバキア対スロベニア等注目カードが行われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です