ドイツ、イングランドがW杯に王手!スロバキアは痛すぎる敗戦

・ヨーロッパ予選第8節2日目
現地時間4日、ロシアワールドカップヨーロッパ予選第8節2日目が行われ、ドイツ代表対ノルウェー代表、イングランド代表対スロバキア代表等注目の試合が行われた。各試合結果は以下の通り。

<ヨーロッパ予選第8節2日目試合結果>
●グループC
・ドイツ6-0ノルウェー
・アゼルバイジャン5-1サンマリノ
・北アイルランド2-0チェコ
●グループE
・アルメニア1-4デンマーク
・モンテネグロ1-0ルーマニア
・ポーランド3-0カザフスタン
●グループF
・イングランド2-1スロバキア
・スロベニア4-0リトアニア
・スコットランド2-0マルタ

・ドイツ、イングランドがW杯に王手
この日勝利すればワールドカップ出場が決定する可能性のあるドイツ代表は、ノルウェー相手にパリ・サンジェルマンのユリアン・ドラクスラー、レアル・マドリードのトニ・クロース、アーセナルのメスト・エジル等ベストメンバーを先発に送り出した。

試合はエジルの華麗なワンタッチゴールで幕を開けると、ドラクラー、ティモ・ベルナー、ゴレツカ、マリオ・ゴメスが次々にゴールを決めて、結果6-0でドイツが大勝した。
しかしながらグループCもう一方の試合で、2位の北アイルランド代表がジョニー・エバンスらのゴールでチェコを下したため、ドイツのワールドカップ出場決定は来月に持ち越しとなった。

グループFでは、この日最大の注目マッチとされていたイングランド代表×スロバキア代表が行われた。勝ち点17で首位のイングランドと、勝ち点15で2位のスロバキアによる天王山、イングランドは勝利すればワールドカップ出場に大手、スロバキアも一気に首位に躍り出ることができるとあって両者にとって今予選大一番となった一戦。

イングランドはマンチェスター・ユナイテッドのマーカス・ラッシュフォードやトッテナム・ホットスパーのハリー・ケインらを先発。スロバキアもハムシクやシュクルテル等べス布陣を組んできた。

試合はアウトサイダーのスロバキアがロボトカのゴールで先制するも、イングランドがダイアー、ラッシュフォードのゴールで逆転勝ちを収めた。結果、イングランドが勝ち点を20に伸ばしてワールドカップ出場へ大手をかけた。
この日確実に格下から勝ち点3を奪ったスロベニア、スコットランドがスロバキアに勝ち点1差に詰め寄っている。グループFは三つ巴のプレーオフ争いに注目だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です