崖っぷちアルゼンチン、メッシ、ディバラ等招集 イグアインは選外

・アルゼンチン代表メンバー発表
現地時間15日、アルゼンチンサッカー協会が来月行われるロシアワールドカップ南米予選2試合に向けての海外クラブ所属代表メンバーを公表した。

アルゼンチン代表メンバーは以下の通り。
GK
グスマン(ティグレス)
マルチェシン(クラブ・アメリカ)
ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)

DF
マンマナ(ゼニト)
ファシオ(ローマ)
ペセジャ(フィオレンティーナ)
オタメンディ(マンチェスター・シティ)
メルカド(セビージャ)
マスチェラーノ(バルセロナ)

MF
リゴーニ(ゼニト)
アクーニャ(スポルティングCP)
サルビオ(ベンフィカ)
アレハンドロ・ゴメス(アタランタ)
ビグリア(ミラン)
パレデス(ゼニト)
バネガ(セビージャ)
ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)

FW
メッシ(バルセロナ)
ディバラ(ユベントス)
イカルディ(インテル)
アグエロ(マンチェスター・シティ)

・イグアインは今回も招集外に
2試合を残して南米予選5位とまさかの敗退危機に陥っているアルゼンチン。仮にこのままの順位で予選をフィニッシュした場合、ニュージーランドとの大陸間プレーオフに回ることとなる。他国との勝ち点差を考えると、6位以下となり予選敗退という可能性も大いにあり得る非常に厳しい状況だ。

そんな緊急事態に直面する指揮官ホルヘ・サンパオリは、前回に引き続いて今回もバルセロナのリオネル・メッシ、ユベントスのパウロ・ディバラ、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ、インテルのマウロ・イカルディ、パリ・サンジェルマンのディ・マリアといったトップスターを招集。

守備陣も、マンチェスター・シティのオタメンディ、バルセロナのマツチェラーノ、ローマのファシオといった実力者が名を連ねる。

リーグ戦で好調を維持しているユベントスのゴンサーロ・イグアインは今回も招集外となった。今回のサプライズ招集はフィオレンティーナでプレーするディフェンダーヘルマン・ペセジャだ。
この海外組メンバーの中に、数人の国内組を加えて予選に挑むこととなる。

これだけのメンツを擁してなぜ南米5位に甘んじているのか、いささか理解し難い現状にあるアルゼンチンだが、仮に残り2試合で勝ち点6が取れない場合、予選敗退という悪夢が現実になるかもしれない。
アルゼンチン代表は、10月5日にホームでペルー代表と、10日にアウェーでエクアドル代表と対戦するが、とりわけ勝ち点同数で4位のペルーとの直接対決は絶対に負けられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です