オーストラリア代表が予備登録メンバー発表 キャプテンが復帰

・ジュディナク復帰の豪州が30人のメンバー発表
現地時間19日、オーストラリアサッカー連盟はロシアワールドカップアジア予選プレーオフのシリア戦に挑むオーストラリア代表メンバー発表の予備登録メンバーを30人発表した。

今回は何といっても、アジア最終予選の日本戦、タイ戦、そしてロシアで開催されたコンフェデレーションズカップを負傷欠場していた頼れるキャプテン、ミル・ジェディナクが帰ってくる。プレミアリーグで活躍するこの男が復帰するというだけで、ここ最近のオーストラリアチームと比較して大きな精神的アドバンテージを受けることとなるだろう。

その他、スコットランド王者のセルティックでレギュラーを張るトム・ロギッチ、プレミアリーグで好調を維持するハダースフィールドのアーロン・ムーイ、イングランド2部クイーンズ・パーク・レンジャーズからマッシモ・ルオンゴといった選手が予備登録メンバーに名を連ねた。

また、サッカルーズにとって絶対的存在のティム・ケーヒルや、ヘルタ・ベルリンで原口元気からポジションを奪ったマシュー・レッキー、ボーフム所属でチームの10番であるロビー・クルーズ等ベストメンバーが集結している。Jリーグ横浜F・マリノスに所属するミロシュ・デゲネクも前回に引き続きメンバーに選出された。

尚、最終メンバーは30人のリストから23人に絞られるが、そちらは来週発表予定となっている。

オーストラリア代表は、アジアプレーオフで「アジア5番手」の資格を勝ち取るためにシリアとホームアンドアウェーで対戦する。この試合に勝利すれば、北中米カリブ海予選4位との大陸間プレーオフの試合権を得ることとなる。

オーストラリア代表予備登録メンバーは以下の通り
GK
ミッチェル・ランゲラク(レバンテ/スペイン)
マーク・ビリギッティ(NAC/オランダ)
マシュー・ライアン(ブライトン/イングランド)
ダニエル・ブコビッチ(ゲンク/ベルギー)

DF
トレント・セインズバリー(江蘇蘇寧/中国)
アジズ・ベヒッチ(ブルサスポル/トルコ)
ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス)
マシュー・ジャーマン(水原三星/韓国)
ライアン・マッゴーワン(アルシャールジャ/サウジアラビア)
ジョッシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー)
アレックス・ガースバック(ローゼンボリ/ノルウェー)
ブラッド・スミス(ボーンマス/イングランド)
ベイリー・ライト(プレストル/イングランド)

MF
アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド)
クレイグ・グッドウィン(ロッテルダム/オランダ)
ムスタファ・アミニ(オーフス/デンマーク)
ミル・ジェディナク(アストン・ビラ/イングランド)
ジェームズ・ジェッゴ(シュトゥルム・グラーツ/オーストリア)
ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ/イングランド)
マッシモ・ルオンゴ(クイーンズ・パーク・レンジャーズ/イングランド)
マーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)
トム・ロギッチ(セルティック/スコットランド)

FW
マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
アワー・メイビル(パソス・デ・フェレイラ/ポルトガル)
ジェイミー・マクラーレン(ダルムシュタット/ドイツ)
ニキータ・ルカビツヤ(マッカビ・ハイファ/イスラエル)
トミ・ユーリッチ(ルツェルン/スイス)
ジェームス・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)
ティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です