柴崎のスーパーボレーがリーガ公式の第4節ベストゴールに!

・リーガ公式の第4節ベストゴールに選出
バルセロナを相手に強烈ボレーを叩きこんで一躍ヨーロッパ中にその名を轟かせた日本代表でヘタフェの10番柴崎岳。このあまりにも美しい自身リーガエスパニョーラ初ゴールは、リーガエスパニョーラ第4節のベストゴールに選出された。

ドイツ代表ゴールキーパーのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンでさえも「なすすべが無かった」と脱帽したこのシュートは、またたくまに世界中の欧州サッカーハイライトに映し出され、今なお各地で称賛の声がやまない。スペインの地でベストゴールに選手された日本人選手はこれまでにおらず、柴崎は「日本人初」の快挙を成し遂げたことにもなる。

スペインメディアは然ることながら、その他世界中のメディアが「美しいボレー」「歴史を塗り替えた」「天才的な輝き」「まるで絵画のような芸術作品だ」等あらゆる表現でこのたったひとつのスーパーゴールに賛辞を送っている。

今節のベストゴールにこの柴崎のボレーを選出したリーガエスパニョーラは、公式サイトにて「ガクシバサキの左足から放たれたシュートは、マッチデー4における5つ星のゴールとなった」と紹介するとともにあらためてそのゴールシーンの動画を掲載した。

加えて、「ペナルティエリア外から正確無比なシュートでテア・シュテーゲンが守るゴールを射ぬいてバルセロナから先制点を奪った。レアル・マドリード、バルセロナの両チームから得点を奪ったはじめての日本人となった。」と記しており、スペインのメガクラブ2つからインパクトのあるゴールを決めた快挙を改めて称えている。

・10月の代表選は帯同困難か?
このゴールを決めた後、柴崎は左足を負傷してピッチを後にし、後日のクラブ会長からの発表で全治1ヶ月~1ヶ月半を要することが判明した。来月に行われる日本代表戦2試合(ニュージーランド戦、ハイチ戦)、またリーガでのレアル・マドリード戦等の出場が懸念されるが、できるだけ早期の回復を期待したい。そして、またヨーロッパ中を驚かせるような芸術的なプレーを楽しみにしたい。

来月のキリンチャレンジカップでの代表合流が困難だとしても、再来月に行われる予定の欧州遠征のビッグマッチ(ブラジル、フランス、ベルギー、スイス等が対戦相手候補)には帯同できるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です