北アイルランド代表メンバー発表 エバンス等ベストメンバー招集

・ジョニー・エバンス等招集
26日、北アイルランドサッカー協会は、来月行われるロシアワールドカップヨーロッパ予選の2試合に挑む北アイルランド代表メンバー26名を発表した。

北アイルランドは、ドイツ、アゼルバイジャン、チェコ、ノルウェー、サンマリノが同居するグループCに入っており、現在6勝1分け1敗の勝ち点19でプレーオフ出場圏内の2位に位置づけている。

このグループでは、ドイツが無傷の8連勝で首位を独走しているため、このまま首位で予選通過することが濃厚となっている。また、2位の北アイルランドは3位のアゼルバイジャンに勝ち点差を9としていることから、既に2位以内は確定させている。したがって、ドイツの1位抜け、北アイルランドの2位抜けはほとんど決まっている状況だ。

北アイルランド代表の指揮官マイケル・オニールは、ウェストブロミッチのジョニー・エバンス、クリス・ブラント、サウサンプトンのスティーブン・デイビス、Kリーグ光州FCでプレーするナイアル・マッギン等といったベストメンバーを招集。また、スコットランドリーグキルマーノックでプレーするジョーダン・ジョーンズと、イングランドミルウォールでプレーするジョルジ・サビルを初招集した。

北アイルランドは、10月5日にホームでドイツと、8日にアウェーでノルウェーと対戦する。仮にホームでのドイツ戦で勝利した場合、首位ストレート通過の可能性を残してノルウェー戦に挑むこととなる。果たして最後に番狂わせを起こすことはできるだろうか…。

<北アイルランド代表メンバー>
GK
マイケル・マクガバーン(ノリッジ/イングランド)
アラン・マンナス(セント・ジョンストン/スコットランド)
ロイ・キャロル(リンフィールド)

DF
トム・フラナガン(バートン・アルビオン/イングランド)
ガレス・マッコーリー(WBA/イングランド)
アーロン・ヒューズ(ハーツ/スコットランド)
ジョニー・エバンス(WBA/イングランド)
クリス・ブラント(WBA/イングランド)
ダニエル・ラファーティ(シェフィールド・ユナイテッド/イングランド)
コナー・マクローリン(ミルウォール/イングランド)
リー・ホジソン(レンジャーズ/スコットランド)
アダム・トンプソン(ブラッドフォード・シティ/イングランド)

MF
ナイアル・マッギン(光州FC/韓国)
スチュアート・ダラス(リーズ/イングランド)
ジョーダン・ジョーンズ(キルマーノック/スコットランド)
マシュー・ランド(バートン・アルビオン/イングランド)
スティーブン・デイビス(サウサンプトン/イングランド)
コリー・エバンス(ブラックバーン/イングランド)
ジョルジ・サビル(ミルウォール/イングランド)
ポール・ペイトン(セント・ジョンストン/スコットランド)
シェーン・ファーガソン(ミルウォール/イングランド)
オリバー・ノルウッド(フルアム/イングランド)

FW
ジョシュ・マゲニス(チャールトン/イングランド)
コナー・ワシントン(QPR/イングランド)
カイル・ラファーティ(ハーツ/スコットランド)
シェイ・マッカータン(ブラッドフォード・シティ/イングランド)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です