本田落選の理由は?日本代表メンバーに香川、大迫、久保等

・日本代表メンバー発表
28日、日本サッカー協会は来月開催予定のキリンチャレンジカップ2試合に挑む日本代表メンバーを発表した。

今回は、パチューカの本田圭佑がハリルホジッチ体制初の落選ということで話題となっているが、ハリルホジッチが本田落選についての理由をこのように語った。
「本田は移籍したばかりだ。さらに怪我もした。現段階でのコンディションを見ると、代表でプレーできるレベルにはないように思う。彼にはメキシコでしっかりコンディションを整えてもらいたい。また、彼に限らずしっかり所属クラブでポジションを勝ち取ってもらいたい。」

同日に所属チームのパチューカで今シーズン2ゴール目をマークした本田だが、出場時間はわずかに8分しか与えられていない。90分間フルで試合ができるコンディションには程遠いのが現状だ。

また、今回の代表発表では本田以外にもレスター・シティの岡崎慎司、キャプテンでフランクフルト所属の長谷部誠といった主力選手がメンバー外となっている。発表会見でハリルホジッチは「岡崎を外して、武藤や杉本にチャンスを与えたい」と宣言していることと、「ニュージーランド戦、ハイチ戦はそれぞれメンバーを代えて挑む」といったことを考えると、彼等がセンターフォワードとして1試合ずつ先発するのではないかと予想される。

前回のワールドカップ予選メンバ―に入っていたヘタフェの柴崎岳も、現在負傷中のためメンバー外となっている。
そんなハリルジャパンは、10月6日に豊田スタジアムでニュージーランド代表と、10日に日産スタジアムでハイチ代表と激突する。11月のヨーロッパ遠征(ブラジル戦、ベルギー戦)に向けて2連勝で弾みを付けたいところだ。

<日本代表メンバー>
GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

DF
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
昌子源(鹿島アントラーズ)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
槙野智章(浦和レッズ)

MF
山口蛍(セレッソ大阪)
遠藤航(浦和レッズ)
井手口陽介(ガンバ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
倉田秋(ガンバ大阪)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

FW
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
乾貴士(エイバル/スペイン)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)
杉本健勇(セレッソ大阪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です