ポルトガル代表メンバー発表 スイスとの天王山に向けてロナウド等招集

・ロナウドやペペら順当選出のポルトガル
28日、ポルトガルサッカー協会は、来月行われるロシアワールドカップヨーロッパ予選に挑むポルトガル代表メンバー23人を発表した。

ポルトガルはスイス、ハンガリー、フェロー諸島、アンドラ、ラトビアが同居するグループBに属しており、現在7勝1敗の勝ち点21で2位となっている。このグループではスイスが8戦全勝で首位に立っており、勝ち点3差でポルトガルが追いかけるという構図になっているが、3位のハンガリーは勝ち点10のためすでに2チームの1,2位フィニッシュは確定している。

そんなポルトガル代表は、レアル・マドリードからクリスチアーノ・ロナウド、ベジュクタシュからペペ、バルセロナからネルソン・セメド、モナコからジョアン・モウティーニョ等主力メンバーを揃えた。また、前回はU-21代表に帯同していたことでA代表の招集を見送られたスウォンジー・シティのレナト・サンチェスや、バレンシアのゴンサロ・ゲデスが復帰した。

前回2年ぶりの復帰を果たしたスポルティングのファビオ・コエントラン、さらにはアドリアン・シウバは今回招集外となっている。

ポルトガルは、7日にアウェー(アンドラ・ラ・ヴェッラ)でアンドラ代表と、10日にホーム(リスボン)でスイス代表と対戦する予定となっている。アンドラ戦の勝利は然ることながら、最終節の首位スイスとの天王山は是が非でも負けられない。引き分け以下に終われば、プレーオフにまわることなる。

最終節でスイスに快勝し、逆転でロシアワールドカップへの切符をつかみたいヨーロッパ王者だが、はたして思惑通りに事は運ぶだろうか。世界的スターのクリスチアーノ・ロナウド、そしてワールドカップ常連国のポルトガル代表の雌雄は如何に…。

GK
アントニー・ロペス(リヨン)
ルイ・パトリシオ(スポルティング・リスボン)
ベト(ギョズテペSK/トルコ)

DF
セドリック(サウサンプトン/イングランド)
ブルーノ・アウベス(レンジャーズ/スコットランド)
ルイス・ネト(フェネルバフチェ/トルコ)
ジョゼ・フォンテ(ウェストハム/イングランド)
ペペ(ベシクタシュ/トルコ)
ビトリーノ・アントゥネス(ヘタフェ/スペイン)
エリゼウ(ベンフィカ)
ネルソン・セメド(バルセロナ/スペイン)

 

MF
ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング・リスボン)
ジョアン・マリオ(インテル/イタリア)
ダニーロ・ペレイラ(ポルト)
レナト・サンチェス(スウォンジー・シティ/イングランド)
ウィリアム・カルバーリョ(スポルティング・リスボン)
ジョアン・モウティーニョ(モナコ/フランス)
アンドレ・ゴメス(バルセロナ/スペイン)

FW
アンドレ・シウバ(ミラン/イタリア)
リカルド・クアレスマ(ベジクタシュ/トルコ)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/スペイン)
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ゴンサロ・ゲデス(バレンシア/スペイン)
ジェウソン・マルティンス(スポルティング・リスボン)
エデル (ロコモティフ・モスクワ/ロシア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です