puri

アメリカがワールドカップに王手!【北中米カリブ海予選第9節】

・4位アメリカ代表が3位パナマ代表と対戦
現地時間7日、ロシアワールドカップ北中米カリブ海予選第9節が行われ、予選敗退危機に陥っていたアメリカ代表が、ホームでパナマ代表と対戦した。

勝点9で4位プレーオフ出場圏内に甘んじるアメリカは、3位のパナマ代表との大一番に日本代表の香川真司の同僚ボルシア・ドルトムント所属クリスチャン・プリシッチや、同国絶対的エースジョジー・アルティドール等ベストメンバーを先発させた。

アメリカのホーム、オーランドでキックオフした試合は、アメリカが序盤から優勢に進める。すると開始7分にチームで10番を背負うプリシッチが先制ゴールをマーク。さらには18分にアルティドールが追加点。前半終了間際にはアメリカにペナルティキックが与えられ、これをアルティドールが冷静に沈めて前半だけで勝利を確実なものとする。
後半立ち上がりにもウッドがだめ押しとなる4点目をマークして、結果4-0でパナマ相手に大勝を収めた。

これにより、アメリカは勝ち点を12に伸ばしてパナマをかわしワールドカップ出場圏内の3位浮上。得失点差でも4位パナマと大きな開きができたため、最終節トリニダード・トバゴ戦で引き分け以上でも突破できる可能性も。何れにせよ、最下位の相手に勝利すれば、ロシア行きの切符を手にすることができる。

1990年のイタリア大会から7大会連続でワールドカップ出場を果たしているいわゆる常連国だが、今予選は開幕から連敗を喫して最悪のスタートを切っていた。当時監督を務めていたユルゲン・クリンスマンは更迭され、それ以降チームはなんとか軌道に乗り始めた。最終節を残して3勝3分3敗で勝ち点12を保持し、メキシコ、コスタリカに次ぐ3位に浮上。

2試合を残して勝ち点を18まで伸ばしたメキシコは既に突破を決めているが、ブラジルワールドカップでベスト8と躍進した2位コスタリカは7日にホンジュラスと対戦。この試合を引き分け以上で終えれば、最終節を待たずして本戦出場が決定する。

尚、メキシコはホームサン・ルイス・ポトシでトリニダード・トバゴと対戦。たった今試合が終了し、メキシコがハビエル・エルナンデス、エクトル・エレーラ等の得点で3-1と勝利。勝ち点を21に伸ばした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です