oraa

オランダ勝利も最終節残して敗退濃厚に【欧州予選第9節3日目】

・欧州予選第9節3日目試合結果
現地時間6日、ロシアワールドカップヨーロッパ予選第9節3日目が各地で行われた。各試合結果は以下の通り。

▲グループA
ベラルーシ1-3オランダ
ブルガリア0-1フランス
スウェーデン8-0ルクセンブルク

▲グループB
スイス5-2ハンガリー
アンドラ0-2ポルトガル
フェロー諸島0-0ラトビア

▲グループH
ボスニア・ヘルツェゴビナ3-4ベルギー
ジブラルタル0-6エストニア
キプロス1-2ギリシャ

まずはグループA。首位フランス代表は、ブルガリア代表とアウェーで対戦し、試合開始早々のマテュイディの得点を守り抜き勝利。ロシアワールドカップ出場へ王手をかけた。プレーオフへの出場さえ危ぶまれていたオランダ代表は、プレパー、ロッベンのペナルティキック、デパイの直接フリーキックにより3-1でベラルーシに勝利。

しかしながら、2位スウェーデン代表が最下位に沈むルクセンブルク相手にホームでベリの4ゴール、グランクヴィストのペナルティキック2本等で8-0と大勝。これにより、オランダはプレーオフ進出を決めるためには最終節のスウェーデンとの直接対決で6-0以上のスコアで勝利しなければならなくなった。ワールドカップ常連国のオレンジ軍団だが、最終節を前にほとんど敗退が決定したといっていいだろう。

グループBでは首位スイス代表がジャカ、リヒトシュタイナー等の得点でハンガリー相手に5-2で勝利。2位に甘んじるポルトガル代表も、クリスティアーノ・ロナウド、アンドレ・シウバの得点でアンドラ相手に勝利。両者の間に得失点差に大きな開きがあるため、ポルトガルは次節スイスとの直接対決で勝利すれば逆転首位通過を果たすことになる。

グループHでは、既にワールドカップ出場を確定させているベルギー代表がバチュアイ、カラスコ、ヴェルトンゲン等のゴールでボスニア・ヘルツェゴビナ代表相手に4-3で勝利。これによりボスニア・ヘルツェゴビナは3位に後退し、この日キプロス相手にアウェーで2-1で勝利したギリシャ代表が最終節を残して2位に浮上した。次節ギリシャは最下位ジブラルタルに勝利すればプレーオフへの進出が決定する。


誰が勝つのか!?
誰が勝つのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です