日本の次なる相手U-17イングランド代表はスーパースター軍団?

・GS3連勝のU-17イングランド代表
インドで開催されているU-17ワールドカップを戦うU-17日本代表は、現地時間17日に決勝トーナメント一回戦で「スーパースター軍団」イングランドと8強入りをかけて戦う。

この世代のイングランドはどんなチームなのだろうか?
イングランドは、グループステージでチリ、メキシコ、イラクと対戦し、3連勝で難なくグループを首位通過してきた。なんといってもチームの心臓マンチェスター・ユナイテッドに所属するアンヘル・ゴメスには要注意だ。

161㎝とこの世代の選手であることを差し引いても非常に小柄な選手だが、昨シーズンはマンチェスター・ユナイテッドU-18の試合で通算17試合に出場し11ゴールをマーク。さらには昨シーズンのプレミアリーグ最終節には16歳という若さでトップチームデビューを果たしている逸材だ。
日本代表の久保建英とプレースタイルが似ていることも特徴で、切れ味鋭いドリブル、繊細なボールタッチは一級品。

グループステージ最終戦では、日本代表がアジア予選で敗れたイラク代表相手に1得点1アシストをマークし、チームの4-0大勝に貢献。ゴメスは日本戦を前に「相手がどこであろうと僕たちはこの大会で優勝することだけに照準を合わせている」と淡々と語っている。

その他イングランドには日本代表香川真司が所属するボルシア・ドルトムントで背番号7をつけているサンチョや、マンチェスター・シティの有望株フォーデンといった既に世界的に名の知れた選手が顔を揃える。日本代表森山監督も、「個人のクオリティにおいては大会一番」と警戒するほどだ。

イングランド戦に勝利し、ベスト8へ駒を進めることができれば1993年、2011年大会以来となる最高成績に肩を並べることになる同代表。今春開催されたU-20ワールドカップで既に決勝トーナメント一回戦敗退の屈辱を味わっているエースの久保は、「二度とこんな悔しい思いをしたくはない」と語っていた。

そんな久保はイングランド戦を前に、「ワールドカップという大舞台で結果を残すことができれば、こんなやつがいるんだなと世界にアピールすることができる」と自信を漲らせている。若き日本代表は明日行われる大一番で大会最大のアップセットをおこすことができるだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です