欧州遠征に挑む日本代表がメンバー発表 香川、本田、岡崎は選外

・香川、本田、岡崎選外
今日日本サッカー協会は、来月のブラジル代表戦およびベルギー代表戦のヨーロッパ遠征に向けた日本代表メンバーを25人発表した。

日本代表指揮官ハリルホジッチも「世界のトップ2」と評する強豪国との対戦を控える日本代表だが、今回のメンバー発表ではパチューカで得点を量産している本田圭佑、レスター・シティの岡崎慎司の代表復帰や、アジアチャンピオンズリーグで決勝戦まで勝ち進んだ浦和レッズからの選出、ヨーロッパの舞台で活躍するポルティモネンセ中島やベヘレン森岡の初招集など、見どころの多いメンバー発表会となった。

そのメンバーリストは、非常に驚きのラインナップとなった。パチューカで2試合連続ゴール中の本田は、前回のキリンチャレンジカップのニュージーランド戦、ハイチ戦に引き続いて招集外に。これまで不動の地位を築いてきた岡崎もまた前回に引き続き選外に。

もっとも大きなサプライズとなったのは、ボルシア・ドルトムントに所属する香川真司の落選。

単純に現在の香川の出来に納得がいっていないとのことだが、おそらくハリルホジッチは、彼等常連組はコンディションが最高の状態にあるときにどういったプレーができるのかということを既にわきまえているため、強豪相手に観たことのない選手をテストしたいという思惑があったのかもしれない。

その他、今夏FC東京からポルティモネンセへ渡った中島は招集が期待されたが選外。また前回のキリンチャレンジカップで評価を高めたヘーレンフェーンの小林が落選するという驚きも。

・森岡がハリルジャパン初招集
一方で、ベルギージュピラープロリーグで得点ランキング2位につけるワースラント・ヴェフェレンの森岡が代表に復帰。

その他アジアチャンピオンズリーグ決勝戦をベルギー戦後の中二日で控える浦和レッズから、興梠慎三、長澤和輝、西川周作、槙野智章、遠藤航の5人が招集された。

その他国内リーグからはセレッソ大阪の杉本健勇、ガンバ大阪の倉田秋といった前回の得点者が引き続き招集された。

海外組ではヘントの久保裕也、エイバルの乾貴士、ケルンの大迫勇也、ヘルタ・ベルリンの原口元気、マルセイユの酒井宏樹、インテルの長友佑都、サウサンプトンの吉田麻也等常連組が名を連ねた。

ハリルホジッチのお気に入り選手であるシュツットガルトの浅野拓磨も相変わらず招集されたが、ここまでブンデスリーガで3ゴール1アシストと結果を残しているマインツの武藤は選外となった。

日本代表は11月10日にブラジル代表と、14日にベルギー代表と対戦する予定となっているが、はたしてこれらタレント軍団相手にハリルホジッチは誰を先発に指名するのだろうか…。

日本代表メンバー25人は以下の通り。
▼GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)

▼DF
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス
昌子源(鹿島アントラーズ))
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
三浦弦太(ガンバ大阪)
槙野智章(浦和レッズ)

▼MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
遠藤航(浦和レッズ)
山口蛍(セレッソ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
倉田秋(ガンバ大阪)
長澤和輝(浦和レッズ)
森岡亮太(ワースラント・ヴェフェレン/ベルギー)

▼FW
浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
杉本健勇(セレッソ大阪)
興梠慎三(浦和レッズ)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です