yjj

ロッベン引退のオランダ、イランが勝利【最新国際親善試合結果】

・最新国際親善試合結果
現地時間9日、インターナショナルマッチウィークに突入し世界各国で国際親善試合が開催された。

2010年南アフリカワールドカップ準優勝、2014年ブラジルワールドカップ3位という輝かしい成績を持ちながら、今予選ではまさかの3位に甘んじて本戦出場さえかなわなかったオランダ代表。

長らくチームの攻撃陣を牽引してきたキャプテンアリエンロッベン(バイエルンミュンヘン)が引退して以降初の試合、同じくワールドカップ出場を逃したスコットランド代表と敵地アバディーンで激突した。

試合は、前半終了間際にメンフィス・デパイ(リヨン)がカウンターから仕留めた1ゴールを最後まで守り抜いたオランダが1-0で勝利。

オーストリアのグラーツでは、アジアでワールドカップ出場を一番乗りで決めたイランが先月のキリンチャレンジカップで日本も対戦した北中米カリブ海のパナマと対戦。
イランは前半にエースのデジャガーのペナルティキックで先制すると、直後にゴッドスが追加点をマーク。

その後パナマにもペナルティキックが与えられ、これをトーレスが決めるも試合はそのままタイムアップ。結果イランが2-1で勝利を収めた。

惜しくもワールドカップ出場を逃し、ドルトムントのヌリシャヒンが代表引退を表明したトルコはルーマニアと対戦。ハカン・チャルハノール、セルチュク・イナン、ジェンク・トスン等タレントが先発に名を連ねるも、ルーマニアのグロザヴに前後半1点ずつ決められて0-2で敗れた。

<国際親善試合結果>
スコットランド0-1オランダ
イラン2-1パナマ
ルーマニア2-0トルコ
ルクセンブルク2-1ハンガリー
アルメニア4-1ベラルーシ
カンボジア1-2ミャンマー
フィンランド3-0エストニア
香港0-2バーレーン
シンガポール0-1レバノン


誰が勝つのか!?
誰が勝つのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です