guri

日本はブラジルに完敗 フランスは快勝【最新国際親善試合結果】

・最新国際親善試合結果
現地時間10日、世界各国で国際親善試合が開催された。

日本代表はフランスリールで、世界ランク2位のブラジル代表と対戦。
開始早々にネイマール(パリサンジェルマン)にペナルティキックを決められ先制を許すと、その後前半のうちにガブリエル・ジェズス(マンチェスターシティ)、マルセロ(レアルマドリード)に得点を決められた日本は1-3で敗れた。

後半、セットプレーから槙野智章(浦和レッズ)が一矢報いるヘディングシュートをねじ込むも、世界最強の呼び声高いセレソンに点差以上の実力をまざまざと見せつけられた日本は1点をもぎ取るのが精いっぱいだった。

ワールドカップ王者ドイツ代表は、アウェーでイングランド代表と対戦。
メスト・エジル(アーセナル)、ユリアン・ドラクスラー(パリサンジェルマン)等先発のドイツは、最後までゴールネットを揺らすことができなかったが、ジェイミー・ヴァーディ(レスターシティ)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスターユナイテッド)等先発のイングランドもホームの声援を受けながらノーゴールに終わった。

ワールドカップ予選無敗チーム同士の注目の一戦はスコアレスドローの痛み分けとなった。

フランス代表は、ホームでワールドカップ出場を逃したウェールズ代表と対戦。フランスは、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコマドリード)、オリヴィエ・ジルー(アーセナル)の得点により2-0と快勝を収めた。

現地時間14日に日本代表も対戦するベルギー代表は、北中米カリブ海予選首位突破のメキシコ代表と激突。
ベルギーは、エデン・アザール(チェルシー)、ロメル・ルカク(マンチェスターユナイテッド)が得点するも、激しい点の取り合いとなったこの試合、3-3のドローとなった。
尚、負傷が懸念されたフェルトンゲンは、日本戦に照準を合わせて欠場した模様。

その他、ロベルト・レバンドフスキ(バイエルンミュンヘン)擁するポーランド代表と、エディンソン・カバーニ擁するウルグアイ代表による注目の一戦はスコアレスドロー決着、ワールドカップ出場国同士の韓国代表対コロンビア代表は、ホームの韓国がエース ソン・フンミン(トッテナムホットスパー)の2ゴールにより勝利を収めた。

<国際親善試合結果>
日本1-3ブラジル
ベルギー3-3メキシコ
イングランド0-0ドイツ
ポーランド0-0ウルグアイ
フランス2-0ウェールズ
ポルトガル3-0サウジアラビア
韓国2-1コロンビア
ジョージア1-0キプロス
中国0-2セルビア
ウクライナ2-1スロバキア
UAE0-1ハイチ


誰が勝つのか!?
誰が勝つのか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です