グループステージ組み分け抽選会のドロアー8名が正式決定!

グループステージ・2018ワールドカップ
2017年12月2日を更新しました

・マラドーナ、フォルラン等登場
現地時間21日、12月1日にモスクワで行われるロシアワールドカップグループステージ組み分け抽選会でドロアーを務めるアシスタント7名が発表された。

ペルー代表が大陸間プレーオフを制して最後のワールドカップ出場国となり幕を閉じたロシアワールドカップ予選。来月1日には、早速本大会のグループリーグの組み分け抽選会が行われる予定となっている。

そこで昨日、その抽選会に登場するアシスタントが発表された。

アシスタントには、元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏、元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ氏、元ブラジル代表DFカフー氏、フランス代表等で指揮を執ったローラン・ブラン氏、かつてセレッソ大阪でもプレーした2010年南アフリカ大会得点王の元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン氏らが選ばれた。

その他、元イングランド代表守護神ゴードン・バンクス氏、元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏という計7名が今回発表されている。

ここに、既に発表されていたロシアフットボール界の英雄であるニキータ・シモニアン氏を加えた8名によるドローによって、出場32ヶ国が全8つのグループに振り分けられることとなる。

なお、MCを務めるのは元イングランド代表FWゲーリー・リネカー氏とロシアのスポーツジャーナリストマリア・コマンダナヤ氏となっている。

運命のグループ組み分けの結果は、彼ら8名のレジェンドの手に委ねられたということになるが、はたして今大会はどんなグループが編成されるのだろうか。

そんな世界中のフットボールファンがテレビに釘付けとなるロシアワールドカップグループステージ組み分け抽選会は、日本時間2日0時にスタートする予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です