E-1選手権に挑む韓国代表メンバー発表 Jリーグから4人参戦

グループステージ・2018ワールドカップ
2017年12月2日を更新しました

・E-1選手権に挑む韓国代表メンバー発表
現地時間21日、韓国サッカー協会は「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝 日本大会(前東アジア選手権)」に挑む韓国代表メンバー24人を発表した。

今回日本で開催されるこのコンペティションは、国際サッカー連盟が定めるインターナショナルマッチウィークとは無関係に行われるアジアの大会ということで、アジア大陸以外のクラブでプレーする選手を招集することはできない。

したがって、韓国国内リーグ、中国でプレーする選手、そしてJリーグでプレーする東アジア圏の選手のみが招集された。

気になるのはJリーグからの参戦選手。
セレッソ大阪の守護神キム・ジンヒョンをはじめ、ヴィッセル神戸の守護神キム・スンギュ、FC東京所属のディフェンダー チャン・ヒョンス、サガン鳥栖所属のディフェンダー チョン・スンヒョンの4名が韓国代表に招集されている。

中盤より上のポジションの選手は国内リーグでプレーする選手を中心に選出した韓国。
来年開催されるロシアワールドカップに向けて、絶対的エースであるトッテナム所属のソン・フンミンの代役になりうる逸材を発掘したい同大会だが、果たしてこの3戦でブレイクする国内選手は現れるだろうか。

韓国代表は、12月9日に中国代表と初戦を迎え、12日第二節に北朝鮮代表と、16日最終節に日本代表と対戦する予定だ。

<韓国代表メンバー24名>
▼GK
キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)
チョ・ヒョンウ(大邱FC)

▼DF
クォン・ギョンウォン(天津権健)
チョン・スンヒョン(サガン鳥栖)
チャン・ヒョンス(FC東京)
ユン・ヨンソン(尚州尚武)
キム・ミンジェ(全北現代)
コ・ヨハン(FCソウル)
キム・ミヌ(水原三星)
チェ・チョルスン(全北現代)
キム・ジンス(全北現代)

▼MF
チュ・セジョン(FCソウル)
キム・ソンジュン(城南FC)
チョン・ウヨン(重慶力帆)
イ・ジェソン(全北現代)
イ・ミョンジュ(FCソウル)
イ・チャンミン(済州)
ヨム・ギフン(水原三星)
イ・グノ(江原FC)
ユン・イルロク(FCソウル)

▼FW
イ・ジョンヒョプ(釜山アイパーク)
キム・シンウク(全北現代)
ジン・ソンウク(済州ユナイテッド)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です