29日日本代表メンバー発表 槙野、西川、長澤等は招集できず

グループステージ・2018ワールドカップ
2017年12月2日を更新しました

・浦和の選手抜きで戦う日本代表
浦和レッズの優勝で幕を閉じたAFCチャンピオンズリーグ。

決勝戦セカンドレグ、ブラジル人ストライカーラファエル・シルバの得点でアル・ヒラル(サウジアラビア)を破り、10年ぶりの優勝を手にした浦和レッズは、同時に来月UAEで開催するクラブワールドカップへの出場資格を手にした。

しかしながら、実は日本代表、また指揮官のバヒド・ハリルホジッチにとっては小さくない打撃を受けることとなった。というのも、日本代表は来月EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会に出場することとなっているのだ。

この大会が、クラブワールドカップの日程と丸被りしている。EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会は、コンペティションの規定上、クラブ側に代表選手招集の拒否権があるため、ハリルホジッチ監督は今回クラブワールドカップに出場する浦和レッズの選手を招集することができない。

つまり今回日本代表は、アジアチャンピオンズリーグ優勝の立役者である長澤和輝や西川周作、興梠慎三、さらには代表でもここのところセンターバックの主力として定着しつつある槙野智章といった選手を欠いて、E-1サッカー選手権2017決勝大会に挑むこととなる。

・清武、伊藤等にとっては追い風?
同大会優勝を目指す日本代表にとっては大きな痛手となることに違いないが、現在国内でプレーしている選手たちにとっては、その分代表入りへのチャンスが広がるということにもなる。

現在代表入りが期待されている柏レイソルの伊藤純也、セレッソ大阪の清武弘嗣、川崎フロンターレの小林悠といった選手等にとっては朗報と言えるかもしれない。

さて、果たして日本代表のバヒド・ハリルホジッチは、E-1サッカー選手権2017決勝大会に向けてどのようなメンバーを招集するだろうか。

アジアチャンピオンズリーグ決勝後、「残念だ。我々は浦和レッズの選手を抜きにして大会に挑まなければいけない」と冗談まじりながら概ね本音とも捉えられるコメントを残した日本代表指揮官だが、そのメンバー選考にも注目が集まる。

そんな日本代表のメンバー発表は、11月29日の14時より行われる予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です