遂にW杯グループリーグ決定!日本はコロンビアと再戦

日本はコロンビア等とグループHに

現地時間1日、来年開催のロシアワールドカップのグループリーグ組み分け抽選会が行われた。

元イタリア代表ファビオ・カンナバーロの手によって、32ヶ国中32番目にドローされた日本代表は、ポーランド代表、コロンビア代表、セネガル代表が同居するグループHに組み込まれた。

前回ワールドカップ覇者のドイツ代表は、グループFに入り、イタリア、オランダを破って予選突破したスウェーデン代表、北中米カリブ海予選を首位で通過したメキシコ代表、アジアから韓国代表と同居。

熾烈な南米予選を圧倒的な力で突破したネイマール(パリ・サンジェルマン)、フィリペ・コウチーニョ(リバプール)等擁するブラジル代表は、スイス代表、コスタリカ代表、セルビア代表とともにグループEに入った。

欧州王者で、世界的スタークリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)擁するポルトガル代表は、2010年大会覇者スペイン代表、モロッコ代表、イラン代表とともにグループBに入った。

グループBは第一試合からポルトガル代表×スペイン代表というビッグマッチが実現したことで、モスクワの会場ではこの日一番のどよめきが起きた。イランはアジアの国の中で唯一ポット3に組み込まれたが、残念ながらその恩恵を受けることはできず。

また、ホスト国のロシアはウルグアイ代表、エジプト代表、サウジアラビア代表と同居した。開幕戦は、ロシア×サウジアラビアとなっている。

グループリーグ一覧は以下の通り。

▼ グループA

ロシア(開催国)/2大会連続11回目
エジプト/7大会ぶり3回目
ウルグアイ/3大会連続13回目
サウジアラビア/3大会ぶり5回目

▼ グループB

ポルトガル/5大会連続7回目
スペイン/11大会連続15回目
モロッコ/5大会ぶり5回目
イラン/2大会連続5回目

▼ グループC

フランス/6大会連続15回目
オーストラリア/4大会連続5回目
ペルー/9大会ぶり5回目
デンマーク/2大会ぶり5回目

▼ グループD

アルゼンチン/12大会連続17回目
アイスランド/初出場
クロアチア/2大会連続5回目
ナイジェリア/3大会連続6回目

▼ グループE

ブラジル/21大会連続21回目
スイス/4大会連続11回目
コスタリカ/2大会連続5回目
セルビア/2大会ぶり12回目

▼ グループF

ドイツ/17大会連続19回目
メキシコ/7大会連続16回目
スウェーデン/3大会ぶり12回目
韓国/9大会連続10回目

▼ グループG

ベルギー/2大会連続13回目
パナマ/初出場
イングランド/6大会連続15回目
チュニジア/3大会ぶり5回目

▼ グループH

ポーランド/3大会ぶり8回目
セネガル/4大会ぶり2回目
コロンビア/2大会連続6回目
日本/6大会連続6回目
グループH-ワールドカップ2018-日本
http://www.fifa.com/worldcup/groups/index.html

グループステージ・2018ワールドカップ

2017年12月2日を更新しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です