長友の先発復帰もある?前節ライバルが2失点に関与

・長友今週末スタメンに返り咲くか…
不屈の侍に、またしても先発復帰のチャンスが巡ってきたようだ。

セリエAインテル・ミラノに所属する日本代表サイドバックの長友佑都が、セリエA第18節のサッスオーロ戦で先発復帰を果たすかもしれないと現地時間18日付のイタリアメディア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

今シーズ長友は、新加入選手のブラジル人ダルベルト・エンキヒとのポジション争いを制して、序盤戦の無敗記録に大きく貢献した。
しかしながら、11月のインターナショナルマッチウィーク明け以降指揮官ルチアーノ・スパレッティのファーストチョイスを勝ち取ったのは元イタリア代表のダビデ・サントンだった。

ここのところずっとサントンが先発に君臨し、長友とダルベルトが二番手争いをしているといった状況だったが、前節ウディネーゼ戦で少し異変が起きた。

無敗で首位を堅持し続けていたインテルは、前節格下のウディネーゼ相手にまさかの3失点で今季初黒星を喫する。ユベントス、ナポリにかわされて順位も3位に後退した。その3失点のうちの2失点に絡んだサントンが、この今季初黒星の戦犯として扱われている模様。

そのため、シーズン序盤戦スタメンでハイパフォーマンスを発揮していた長友に、先発復帰のチャンスが巡ってきているというわけだ。

・相対的に評価を上げた長友
これについてイタリアメディア『イル・メッサッジェーロ』も、「左サイドバックのサントンは軽率なプレーを繰り返した。土曜日の試合はユウトナガトモがスタメン出場するかもしれない」と伝えている。

はたしてこの1試合のミスでサントンが再びベンチへと降格させられるのかどうかはまだわからないが、少なからず長友の元にチャンスが巡ってきている。

尚、ミッドウィークに開催されたコッパイタリアの5回戦ポルデノーネ(3部)戦で右サイドバックとしてフル出場した長友は、チームの無失点に貢献していたが、週末のリーグ戦でもピッチに立つ長友の姿を観られることができるだろうか。

はたまた、大外からダルベルト・エンキヒが起用されるという可能性もなくもない。スパレッティの采配に注目が集まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です