最新FIFAランク発表!E-1選手権を終えた日本代表の順位は?

・日本は2ランクダウン
今日、国際サッカー連盟は最新のFIFAランキングを更新。11月のランキングで、44位から55位へと大きく順位を落とした日本は、今回も2ランクダウンで57位に。

今月の国際AマッチE-1選手権では朝鮮民主主義人民共和国、中国を撃破したものの、最終節の韓国に大敗を喫してランクアップとはならなかった。

一方、日本を破った韓国も順位を上げることができず59位から60位に1ランクダウン。E-1選手権で1勝もできなかった中国は、60位から71位へと大きく後退した。

アジア圏で日本の上を行くのは、オーストラリアとイラン。アジア2番手のオーストラリアは38位から39位となっており、アジア1番手のイランは前回に続いて32位となっている。

上位陣は、1位ドイツ、2位ブラジル、3位ポルトガル、4位アルゼンチン、5位ベルギー、6位スペイン、7位ポーランド、8位スイス、9位フランス、10位チリとなっている。

ワールドカップ出場国の順位は以下の通り()内は前回順位。

1.(1)ドイツ(ヨーロッパ)
2.(2)ブラジル(南米)
3.(3)ポルトガル(ヨーロッパ)
4.(4)アルゼンチン(南米)
5.(5)ベルギー(ヨーロッパ)
6.(8)スペイン(ヨーロッパ)
7.(6)ポーランド(ヨーロッパ)
8.(11)スイス(ヨーロッパ)
9.(7)フランス(ヨーロッパ)
11.(10)ペルー(南米)
12.(19)デンマーク(ヨーロッパ)
13.(13)コロンビア(南米)
15.(12)イングランド(ヨーロッパ)
16.(16)メキシコ(北中米カリブ海)
17.(18)クロアチア(ヨーロッパ)
18.(25)スウェーデン(ヨーロッパ)
21.(17)ウルグアイ(南米)
22.(21)アイスランド(ヨーロッパ)
23.(32)セネガル(アフリカ)
26.(22)コスタリカ(北中米カリブ海)
27.(28)チュニジア(アフリカ)
31.(30)エジプト(アフリカ)
32.(34)イラン(アジア)
36.(37)セルビア(ヨーロッパ)
38.(39)オーストラリア(アジア)
40.(40)モロッコ(アフリカ)
51.(50)ナイジェリア(アフリカ)
55.(56)パナマ(北中米カリブ海)
57.(55)日本(アジア)
60.(59)韓国(アジア)
63.(63)サウジアラビア(アジア)
64.(65)ロシア(ヨーロッパ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です