2017年世界のフットボーラー100人にあの日本人が選ばれる

・日本人が世界のフットボーラー100位にランクイン
現地時間24日、大手スペインメディア「マルカ」は2017年に最も輝きを放った世界のフットボーラー100人をランキング形式で発表した。

このランキングは、年末にかけて下位から順番に発表されていくようで、24日にまず81位から100位までのランキングが明らかになった。

驚きなのが、その20人の中に日本人プレイヤーが含まれていたということ。その選手はJリーグ浦和レッズに所属する柏木陽介だ。

柏木陽介は、浦和レッズの心臓として同クラブ10年ぶりとなるアジアチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献。同大会の最優秀選手賞にも選ばれた。

先日アラブ首長国連邦で行われたFIFAクラブワールドカップにも出場し、5位決定戦ではアフリカ代表のウィダード・カサブランカを破って5位となった。その試合でも柏木はマンオブザマッチに選出されている。

・「アジア王者の大きな武器」
マルカは、そんな柏木を2017年に最も輝きを放った世界のフットボーラーランキング100位に選出すると、このようにコメントを添えている。

「カシワギはアジア王者の大きな武器だった。10番を背負って、クラブを10シーズンぶりのアジア王者へと導いた。いつも日本代表に選ばれる選手ではないが、2017年は小さなリベンジを果たすことに成功した。」

また、柏木の2017年の最大のハイライトにアジアチャンピオンズリーグセミファイナルの上海上港戦での1ゴール1アシストの活躍をピックアップしたている。

81位から100位までのランキングで、その他の日本人選手のランクインはない。世界のフットボーラー100人にヨーロッパでプレーしているわけでもない柏木が選出されたというのは驚きだ。

尚、ニューヨーク・シティFCのスペイン代表FWダビド・ビジャ(85位)、ウェスト・ハムのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(83位)トッテナム・ホットスパーの韓国代表FWソン・フンミン(81位)といった選手が81位から100位までに名を連ねた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です