アジア選手権に挑むU-21日本代表メンバー発表!久保は選外

・U-21日本代表メンバー21名発表
26日、日本サッカー協会は来年1月に中国で開催されるU-23アジア選手権に挑むU-21日本代表メンバーを発表した。

森保一監督就任以降、はじめての公式戦となる今回の大会には、今年U-20ワールドカップに出場した選手を中心に選出。前回のM-150カップから変わらず選出されたのはわずか6名となった。

尚、U-20ワールドカップ、U-17ワールドカップ両方の国際大会に出場したFC東京の久保建英は過密日程を考慮されて今回は招集外となった。

森保一監督は、「ワールドカップに出場した選手たちがどういったパフォーマンスを発揮してくれるのか、そしてこれからの潜在能力をどのように見せてくれるか、そうした点をチェックしていきたい」とコメント。

継続して選出された6名については、「彼らはM-150カップで高い能力を発揮した選手」と評している。

アジアの大会ではどの年代のどのコンペティションでも常に優勝候補筆頭に挙げられる日本代表。
大会の目標について問われた指揮官は、「優勝を目指してやっていきたい。」と前置きしたうえで、「私がやりたいコンセプトを少しでもたくさんの選手に理解してもらうという意味で、多くの選手を起用するつもりでいる」と抱負を述べた。

日本代表は、U-23アジア選手権グループステージ初戦1月10日にパレスチナと、第二戦は13日にタイと、最終戦は16日に北朝鮮と戦う。

以下、U-21日本代表メンバー23名。

▼GK

小島亨介(早稲田大)
波多野豪(FC東京)

阿部航斗(筑波大)

▼DF

柳貴博(FC東京)

庄司朋乃也(ツエーゲン金沢)

立田悠悟(清水エスパルス)

原輝綺(アルビレックス新潟)

古賀太陽(柏レイソル)

▼MF

浦田樹(ギラヴァンツ北九州)

三好康児(川崎フロンターレ)

神谷優太(湘南ベルマーレ)

板倉滉(川崎フロンターレ)

森島司(サンフレッチェ広島)

初瀬亮(ガンバ大阪)

井上潮音(東京ヴェルディ)

高木彰人(ガンバ大阪)

藤谷壮(ヴィッセル神戸)

遠藤渓太(横浜F・マリノス)

岩崎悠人(京都サンガF.C.)

伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)

▼FW

前田大然(水戸ホーリーホック)

小松蓮(産業能率大)

田川亨介(サガン鳥栖)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です