ヤヤ・トゥーレがTwitterで代表引退撤回!?

・トゥーレがコートジボワール代表復帰?
マンチェスター・シティでプレーする元コートジボワール代表キャプテンのミッドフィルダー、ヤヤ・トゥーレは、現地時間26日トゥーレ自身のTwitterアカウントで「代表引退撤回」の意志を明かした。

ヤヤ・トゥーレはTwitterアカウントでこのようにツイート。
「私はこの国を愛しているし、代表招集を受け入れる準備が今はできている。僕が培ってきた経験を通じで、若い選手たちになんらかの手助けとなれば幸いだ。コートジボワール代表を、世界の国民が誇りに思えるようなチームにしたい。」

突然の代表引退撤回ツイートに、コートジボワール国民、いや世界中のフットボールメディアが驚きを隠しきれなかったことだろう。

かねてから、フットボール界きっての「かまってちゃん」で知られているヤヤ・トゥーレだが、2014年ブラジルワールドカップ終了以降、彼のプレー面ではなく、ピッチ外の出来事で大々的にメディアから取り上げられることも多い。

そんなヤヤ・トゥーレは、2016年に「14年もの間、僕は最高のレベルで戦ってきて、今代表から身を引くことが最適なタイミングだと考えている」と語って代表引退を表明。

ヤヤ・トゥーレの公式ウェブサイトによれば、彼はコートジボワール代表としてちょうど100試合に出場し、19得点をマークしている。

・アフリカネーションズカップ予選で復帰か?
2015年には、キャプテンマークを巻いて同国二度目となるアフリカネーションズカップ制覇を経験し、2006年ドイツ大会、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会と3度のワールドカップに出場した。

残念ながら来年開催されるロシアワールドカップの出場権を逃してしまったコートジボワール代表だが、2018年には翌年開催のアフリカネーションズカップの予選が早くも始まる。

ヤヤ・トゥーレは、このアフリカ選手権の予選に照準を合わせて、今回代表復帰を志願している模様だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です