酒井宏樹が2017年マルセイユベストプレイヤー堂々3位に!

・トヴァン、グスタボに続く評価を受けた酒井
日本代表不動のサイドバック酒井宏樹は、地元マルセイユから非常に高い評価を受けているようだ。フランスメディア『laprovence.com』が実施した「2017年マルセイユベストプレイヤー」の投票で、堂々の3位にランクインしている。

ブンデスリーガハノーファーからスタートした欧州キャリア。今年はフランス参戦二シーズン目となる酒井だが、指揮官リュディ・ガルシアからの信頼は厚く、今季はここまでリーグ戦19試合中17試合に出場。

パリ・サンジェルマン、ASモナコ、オリンピック・リヨンとフランス3大チームに次ぐ4位と好調を維持するマルセイユで、昨シーズンに続いて不動の地位を確立している。

そんな日本人サイドバックを、地元サポーターも高く評価しているようだ。
「2017年マルセイユベストプレイヤー」では、右サイドで酒井とコンビを組むフロリアン・トヴァン(47.1%)が1位となり、元ブラジル代表のルイス・グスタヴォ(43.7%)が2位。

なんと酒井宏樹はこの両選手に次ぐ3番目に評価が高い選手ということになった。中心選手であるフランス代表ディミトリ・パイェ、モルガン・サンソンといった実力者よりも上の評価を得ている酒井。
ロシアワールドカップまでの半年間でさらにその名を欧州に轟かせることになるかもしれない…。

尚「2017年マルセイユベストプレイヤー」の全ランキングは以下の通りとなっている。

1位-フロリアン・トヴァン(47.1%)
2位-ルイス・グスタヴォ(43.7%)
3位-酒井宏樹(3.8%)
4位-モルガン・サンソン(2.5%)
5位-アディル・ラミ(1.9%)
6位-ジョルダン・アマヴィ(0.5%)
7位-ディミトリ・パイェ(0.5%)

また『laprovence.com』は、その逆に「2017年最悪の選手」の投票結果をも掲載。シーズン途中にファンに暴行を加えて契約解除となった元フランス代表サイドバックのパトリス・エブラ(51.5%)が過半数を超える票を獲得して1位となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です