仮想ポーランドはスイスに決定!本番直前に強化試合

・本戦直前に世界8位スイスと激突!
日本サッカー協会は、ワールドカップロシア大会に挑む日本代表の開幕直前のテストマッチの相手に、スイス代表を選んだことを発表した。既に両国の間で合意に達しており、試合会場はスイス南部のルガノで開催される予定となっている。

FIFA世界ランキング8位のスイスは、ドイツ大会、南アフリカ大会、ブラジル大会、そして今大会と4大会連続でワールドカップに出場している常連国だ。
とりわけ、2006年のドイツ大会では大会唯一無失点での敗退(決勝トーナメント一回戦でウクライナにPK負け)等記憶にも残る試合も多い。

今大会のヨーロッパ予選では、レアル・マドリード所属クリスティアーノ・ロナウドを擁するポルトガル代表と同居し、そのポルトガルに次ぐ2位でグループを戦い終えプレーオフへ進出。

そのプレーオフで北アイルランドを下して、本大会へと駒を進めた。

・世界屈指のタレントを揃えるスイス
前回のブラジルワールドカップのグループステージでハットトリックをマークしたストーク・シティ所属のジェルダン・シャキリ、ミランに所属するリカルド・ロドリゲス、アーセナルに所属するグラニット・ジャカ、ユベントスに所属するステファン・リヒトシュタイナー等、世界屈指のタレントも豊富だ。

そんなスイス代表と、「仮想ポーランド代表」として開幕直前にテストマッチを行うことになった日本代表だが、2014年のブラジルワールドカップの直前のアメリカ合宿ではコロンビア代表を想定してコスタリカ代表と、コートジボワール代表を想定してザンビア代表と対戦した。

尚、日本とスイスの対戦成績は、2007年9月当時イビチャ・オシム体制の欧州遠征で1度対戦したのみとなっている。このときは、中村俊輔(当時セルティック所属)の2ゴール等で4-3と接戦を制していた。

ワールドカップの初戦で優勝候補筆頭のブラジル代表と対戦するスイス代表。彼等も、本番直前のホームでのテストマッチに本気で挑んでくることだろう。
ハリルジャパンとしては、世界ランキング8位と格上のチーム相手とのガチンコバトルで、何らかの収穫を得て本戦を迎えたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です