本当にハリルでワールドカップ本戦を戦うべき?

・本当にハリルホジッチでOK?
日本は6大会連続でワールドカップ本大会への出場を見事に決めたが、ハリルジャパンは果たして本大会で決勝トーナメントまで勝ち上がることができるだろうか。

6大会連続でワールドカップ本大会に出場を決め、本大会の組み合わせも既に決定した。約半年後の本大会へ向けてチームは一層盛り上がっていきたいのだが、一方ではハリルホジッチ監督の進退についても噂されている。実際に8月頃に進退の噂が出てからは後が断たない。

ではハリルホジッチ監督へ対する評価とは一体どのようなものなのだろうか。

私の個人的な評価でだが、ハリルホジッチ監督になってからの日本代表のサッカーは「弱くなった」「つまらなくなった」というものだ。

かつての監督のらザッケローニ氏の時に比べれば攻撃性が乏しくなり、緩急もなく、横パスが多く得点に繋がるような展開が一切感じられない。横パスが多いため、ボール支配率こそ高いものの、言わばそれだけで得点には結びつく気配がない。

格下のチームに引き分けや1-0などの僅差でしか勝てないというのがその結果だろう。そんなチームではワールドカップで勝てるわけがないし、
そもそも「最高結果がアルジェリアのベスト16」という監督がアルジェリアより格下のチームをワールドカップでベスト16以上の結果を導き出せる訳がないし、今のサッカーでは夢のまた夢でしかないと思う。

そもそも彼を推薦したサッカー協会の判断に疑問を感じる。
彼が代表監督でいることは日本サッカーのプラスにはならないと思うが、「ワールドカップ本大会に出場できるのだから十分」という理由で恐らく本大会まで解任されないだろう。

・ネット上ではネガティブな声が目立つが…
しかし、ネット上でも私と同じような評価をしている人がたくさんいる。

「そもそもなぜ監督をしているのか疑問」「人選も間違ってる」「もっとはやく退任してほしかった」「本大会の同じグループの人たちに日本戦は勝ったと言われてる時点で出ない方がいい」「J-2レベルの監督」「代表監督になるにはレベルが低すぎる」」などの辛口評価がたくさんある。

ハリルホジッチ監督が退任した後にはジャケ氏やヴェンゲル氏などの名前が既に上がっている。

選手時代に世界に名を轟かせて、監督として失敗したという例はジーコ監督時代に経験しましたが、この2人はどちらも監督としても素晴らしい結果を残しているので期待できるのではないだろうか。

ハリルホジッチ監督もアルジェリアでベスト16を取った時と同じやり方を日本人にしても合うわけがないことをはやく気づいた方がいい。
結果はFIFAランクが物語っている。日本サッカーを世界レベルに持っていくには根本から変える必要がある。まずはそれができる監督を選ぶことからはじめるべきなのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です