最新FIFAランキング発表!日本は順位を一つ上げて56位

・最新FIFAランキング発表
今日、最新のFIFAランキングを国際サッカー連盟(FIFA)が発表した。

インターナショナルマッチウィークが無かったため、今回も大幅な順位変動がなかったFIFAランキングだが、日本は前回から一つ順位を上げて56位とした。

アジア最上位のチームは相変わらずイランで34位、その次にオーストラリアで36位、日本はその下でアジア3番手となっている。4番手には、59位の韓国が続く。

前回の世界ランキングで最下位だったワールドカップホスト国のロシアはというと、64位から62位へ順位を上げて本大会の開幕戦で相まみえるサウジアラビアをかわして最下位を脱出。

サウジアラビアは2つ順位を落として65位となり、ワールドカップ出場国では最下位となった。

世界ランキング20位以内にランクインしながら、ワールドカップの出場資格を得ていない国は、10位のチリ、14位のイタリア、19位のウェールズとなっている。

尚、ロシアワールドカップ出場32ヶ国の世界ランキングは以下の通り。

1-ドイツ
2-ブラジル
3-ポルトガル
4-アルゼンチン
5-ベルギー
6-スペイン
7-ポーランド
8-スイス
9-フランス
11-ペルー
12-デンマーク
13-コロンビア
15-クロアチア
16-イングランド
17-メキシコ
18-スウェーデン
20-アイスランド
22-ウルグアイ
23-チュニジア
24-セネガル
27-コスタリカ
30-エジプト
34-イラン
36-オーストラリア
37-セルビア
39-モロッコ
51-ナイジェリア
53-パナマ
56-日本
59-韓国
62-ロシア
65-サウジアラビア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です