サウジアラビアから9人が一斉にリーガ挑戦!異例の集団移籍

・サウジ選手9人がリーガへ一斉レンタル移籍
現地時間21日付のスペイン紙『マルカ』『アス』の報道によると、サウジアラビアとスペインのパートナーシップ関係の一環として、サウジアラビアリーグでプレーするサウジアラビア国籍の選手9人がリーガ・エスパニョーラ1部、2部へ一斉にレンタル加入したそうだ。

これまでのフットボール史で例をみない同国からの一斉移籍は、スペイン、サウジアラビアだけでなく世界中で大きく取り上げられている。

レアル・マドリードやバルセロナといったメガクラブが属するリーガ・エスパニョーラ1部には、3人のサウジアラビア代表選手が加入したそうだ。

まず、上下黄色のユニフォームでお馴染みの名門ビジャレアルが、アル・ヒラルからのレンタルで26歳のサウジアラビア代表の中心的選手サレム・アル・ドサリを獲得。

サレム・アル・ドサリといえば、ロシアワールドカップアジア最終予選でも日本と対戦した選手で、昨シーズンのアジアチャンピオンズリーグ決勝戦で浦和レッズの驚異になっていたことが記憶に新しい。セカンドレグでレッドカードを受けたあの選手だ。

さらに、レバンテはル・イティハドからMFファハド・アル・ムワラドを、レガネスはアル・ナスルからMFヤヒア・アル・シェフリをそれぞれ獲得した模様。

リーガ・エスパニョーラ2部では、ラージョ・バジェカーノはがMFアブドゥルマジード・アル・スレイヘムを、バジャドリーがMFヌーフ・アル・ムサをそれぞれ獲得。何れの選手もロシアワールドカップでサウジアラビア代表としてプレーすることが濃厚な選手だ。

その他、スポルティング・ヒホンやヌマンシアといったチームもサウジアラビア選手をレンタル。

リーガ・エスパニョーラのクラブは何れの選手たちにも給与を支払うことは無く、レンタル料さえフリーなのだそうだ。

ロシアワールドカップ直前に多くの選手が一斉に出場機会を失うといった緊急事態になるリスクも伴う今回の異例の集団移籍。はたしてサウジアラビア国内で期待されているような効果をもたらすのだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です