2017年クラブ収益ランキング発表!あのクラブが2年連続1位

・マンUが2年連続首位
現地時間22日、「監査法人デロイト・スポーツビジネスグループ」が、昨年のサッカークラブ収益ランキングを発表した。その結果、2016年に続いて今回もマンチェスター・ユナイテッドが首位をキープした。

2015年までは現欧州王者のレアル・マドリードが実に11年間首位をキープしてきたが、昨年12年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドが首位に返り咲いていた。
そして、今年もマンチェスター・ユナイテッドが6億7630万ユーロ(約919億円)を記録し、二年連続で1位となった。

尚、2016年には史上最高額となる6億8900万ユーロ(約937億円)を記録していたが、今年はあと一歩その数字には達しなかった。

2位にはレアル・マドリードが6億7460万ユーロ(約917億円)でランクイン。3位にはそのライバルであるバルセロナが6億4830万ユーロ(約881億円)でランクインした。

以降、バイエルン・ミュンヘンは5億8780万ユーロ(約799億円)、マンチェスター・シティが5億2770万ユーロ(約717億円)、アーセナルが4億8760万ユーロ(約663億円)、パリ・サンジェルマンが4億8620万ユーロ(約661億円)と続いている。

また、日本人選手が在籍しているクラブでは、3億3260万ユーロ(約452億円)を記録した日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントで12位が最高位。

続いて、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティも、前回から1億ユーロも売り上げを延ばして2億7110万ユーロ(約368億円)。2016年の20位から大きく順位を上げて14位となっている。

2017年サッカークラブ収益ランキングトップ20は以下の通り。

1位.マンチェスター・ユナイテッド-6億7630万ユーロ(約919億円)
2位.レアル・マドリー-6億7460万ユーロ(約917億円)
3位.バルセロナ-6億4830万ユーロ(約881億円)
4位.バイエルン-5億8780万ユーロ(約799億円)
5位.マンチェスター・シティ-5億2770万ユーロ(約717億円)
6位.アーセナル-4億8760万ユーロ(約663億円)
7位.パリ・サンジェルマン-4億8620万ユーロ(約661億円)
8位.チェルシー-4億2800万ユーロ(約582億円)
9位.リバプール-4億2420万ユーロ(約577億円)
10位.ユベントス-4億0570万ユーロ(約551億円)
11位.トッテナム-3億5560万ユーロ(約483億円)
12位.ドルトムント-3億3260万ユーロ(約452億円)
13位.アトレティコ・マドリー-2億7250万ユーロ(約370億円)
14位.レスター-2億7110万ユーロ(約368億円)
15位.インテル-2億6210万ユーロ(約356億円)
16位.シャルケ-2億3020万ユーロ(約313億円)
17位.ウェストハム-2億1330万ユーロ(約290億円)
18位.サウサンプトン-2億1210万ユーロ(約288億円)
19位.ナポリ-2億0070万ユーロ(約273億円)
20位.エバートン-1億9920万ユーロ(約271億円)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です