長友のガラタサライ移籍が間もなく決定か?

・長友がレンタルでガラダサライ移籍へ
現地時間31日、トルコリーグの名門ガラタサライが、インテルから日本代表サイドバックの長友佑都を期限付きで獲得するために正式交渉を行っていることが明らかになった。

大手イタリアメディアの『スカイ』、『プレミアム・スポルト』等の今日付けの報道によると、これまで左サイドバックの補強が急務だとされていたガラタサライは、かねてからインテルの長友佑都の獲得を熱望していたのだそうだ。

そして今回、買い取りオプション付の期限付き移籍で、長友をイタリアから獲得しようと試みたガラタサライ。

レンタル料金100万ユーロ(約1億3000万円)と、これに加えて移籍金600万~700万ユーロ(8億1000万~9億4000万円)の移籍金が買い取りオプションとして付いた契約書をインテル側に提示したそうだ。

そして、インテル側もこのガラタサライからのオファーに対して前向きに検討しているとのことで、今冬の移籍マーケット締切ギリギリにこの移籍が実現するだろうと目されている。

そんな長友は今日、自身の公式Twitterアカウントにこのような移籍をほのめかすツイートを更新。
「今日をもって、インテルに加入してから丸7年が経過した。2011年1月31日にインテルからオファーがあり、電撃移籍したのを思い出す。感謝の想いで胸がいっぱいです、ありがとう。」

思えば長友がチェゼーナからインテルへ移籍した際も、冬のマーケットの締切期限ぎりぎりだった。
ちなみに、長友はインテルと2019年まで契約を残していることから、ガラタサライでの半年間のレンタル終了後にインテルへカムバックする可能性も少なからずある。

いずれにせよロシアワールドカップ本大会に向けて、出場機会が得られるチームへ移籍することが最も重要であることに違いない。31歳のサムライの決断は、吉と出るか。
まずは現在リーグ戦2位を走るガラタサライでトルコ王者となり、チャンピオンズリーグの出場権を得ることが目先の大きな目標となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です