マリ戦、ウクライナ戦のキックオフ時間が決定 放送時間は?

マリ戦、ウクライナ戦は現地時間お昼開催

ハリルホジッチ監督14日、日本サッカー協会は来月行われるインターナショナルマッチウィークにおけるヨーロッパ遠征2試合のキックオフ時間、テレビ放送の詳細を発表した。

日本代表は、来月ベルギーへヨーロッパ遠征を行うが、ロシアワールドカップのグループステージを想定して、仮想セネガルとしてマリ代表と、仮想ポーランドとしてウクライナ代表とそれぞれ相まみえる。

そんな2試合のキックオフ時間は、日本のゴールデンタイムに合わせて現地時間のお昼開催となった。これにより、どちらの試合も日本時間21時20分のキックオフとなっている。

また、テレビ放送局は、3月23日に行われるマリとの国際親善試合をテレビ朝日系列が、27日に行われるキリンチャレンジカップのウクライナ戦をフジテレビ系列が担うこととなった。おそらく、両試合ともに日本時間21時前後からの放送となるだろう。

昨年11月に行われたベルギーへのヨーロッパ遠征の際も、初戦のブラジル戦は日本時間のゴールデンタイムに合わせて現地時間お昼にキックオフされていた。

尚、3月インターナショナルマッチウィークのマリ戦、ウクライナ戦の試合概要は以下の通りとなっている。

●国際親善試合(マリ代表戦)
試合日程:3月23日(金)
キックオフ時間:13:20(日本時間21:20)
スタジアム:スタッド・モーリス・デュフラン(ベルギー/リエージュ)
テレビ放送局:テレビ朝日系列にて全国生中継

●キリンチャレンジカップ(ウクライナ代表戦)
試合日程:3月27日(火)
キックオフ時間:14:20(日本時間21:20)
スタジアム:スタッド・モーリス・デュフラン(ベルギー/リエージュ)
テレビ放送局:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?237840-237840-fl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です