ポルティモネンセ

3月の欧州遠征で中島翔哉が日本代表デビュー?

今季9ゴールの中島が遂にA代表デビューか?

中島ポルトガル・プリメイラリーガのポルティモネンセでプレーする中島翔哉。来月のインターナショナルマッチウィークに行われる日本代表ヨーロッパ遠征に、A代表メンバーとして初招集される可能性が高まっているようだ。ポルトガルメディア『zerozero』が報じている。

今夏、FC東京からポルトガルの中堅チーム、ポルティモネンセへ移籍した中島。ここまで公式戦通算9得点をマークする活躍を見せており、前節のフェイレ戦でも美しいループシュートを含む1得点1アシストをマークして勝利に貢献した。

このポルティモネンセ対フェイレ戦に、日本代表指揮官のバヒド・ハリルホジッチの参謀でありコーチのジャック・ボヌベーが中島の視察に訪れていたそうだ。ジャック・ボヌベーは、今回の中島の活躍を間近でチェックすることに成功し、このように喜びの丈を語っている。

「私はショウヤナカジマをチェックしに来たし、彼の活躍はとても嬉しいよ。次のポルト戦もチェックする予定だ。私たち代表スタッフ一同は、ロシアワールドカップへ連れていく23人のリストを作成するために、たとえテレビ観戦だとしても選手をチェックするよ。」

ロシアワールドカップ本大会のメンバー入りに関しては、「今それを断言することはできない」としたものの、「来月はベルギーでマリとウクライナと対戦する。そこでナカジマを見ることになるかもしれない」と招集を示唆した。

乾、原口等がライバル?

A代表出場歴がないながらも、一つ下の世代の世代別代表ではアジアカップ、リオデジャネイロオリンピックといった大舞台を経験している上、いくつものゴラッソも決めている中島。

中島が得意とする左ウイングには、デュッセルドルフでプレーする原口元気、エイバルでプレーする乾貴士といったあまりにも手ごわいライバルがいるが、果たして中島は彼等からポジションを奪取することができるだろうか。

浅野や久保、本田が主戦場としている右ウィングでの抜擢もあるかもしれない。来る3月のインターナショナルマッチウィークで、ベルギーの地で日の丸を背負ってピッチに立つ中島の姿を観ることができるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です